成功者インタビュー04 最初の段階で条件を絞りすぎず、幅広く検索したことで希望の職種へ転職成功!

「 検索機能が充実していることはすごく良かったと思います。」

転職成功者様プロファイル:

前職 : 外資転職エージェントにて営業

現職 : 外資メーカー人事

応募 : 1社

スカウト : 10社

転職活動期間 : 2週間

内定 : 1社

キャリアクロス:前職の仕事内容をお伺いしてもよろしいでしょうか?

転職成功者様:前職は外資転職エージェントにて営業職を3年ほどしておりました。

紹介予定派遣と派遣の雇用形態をメインで商社とかメーカーさんを担当させていただいておりました。営業事務とか貿易事務とかといった職種を得意とし、求職者と企業の両方にヒアリングを行う両面型なのでキャリアアドバイザーとしても勤務しておりました。

キャリアクロス:やっぱり両面型がやりやすいですか?

転職成功者様: そうですね。片面型は経験がありませんが、派遣の雇用形態も経験があり、オフィスに直接お伺いして、社内の様子も見てくれ見せてくださったりしたので、実際私の目で見たことを候補者の方にお伝えして、企業の魅力を知っていただけるっていうのがすごくいい経験だったかとは思います。

キャリアクロス: なるほど。エージェントとして前職で弊社のサイトのご利用はございましたか。

転職成功者様: はい。使用させていただいていました。

キャリアクロス: そうなんですね。前職は3年ほどとおっしゃったんですけれども、新卒ではなく、その前にも何か勤務経験がありますか。

転職成功者様: 早く働いて自立するために、専門学校を出てすぐに20歳から働いています。1社目は貿易事務、フォアディングの会社で3年ほど、一応総合職で勤務しておりまして、通関業を担当しておりました。今回で3社目になります。

キャリアクロス: そうなんですね。ずっと英語を使う仕事ですね。

転職成功者様: 1社目に関しては英語はそこまで使わなかったです。どちらかというと法律の知識とかが必要な仕事で、英文の契約書などは目を通しますが、確認する場所は日付とかサインだけでした。もうちょっと英語を使った仕事かつ営業職に転職したいと思って、前職に転職しました。

キャリアクロス: 前職のエージェントのとき、求職者の方は日本人でお客様は外資系のお客様であったりという、インターナショナルな感じでしたか。

転職成功者様: そうですね。ただ関西オフィスでの勤務でしたので、どうしても語学力がかなり高い方は東京に比べてかなり少ないので、TOEICの600-700点ぐらいの方から、英語力がない方にもお会いします。

例えば、ちょっとシステムエンジニア系のご経験があったりとか、経理系の経験があるという方は、ご紹介できるポジションが稀にあったりするのでお話はさせていただいてました。

キャリアクロス: 現在の仕事内容をお伺いしてもよろしいでしょうか。

転職成功者様: 現在は、外資メーカーでHRとして勤務しております。アジア・オセアニア・アフリカエリアの採用を担当しております。私はノルマ付きの試用期間中ではありますが、今月から日本以外のマレーシアとシンガポールのエリアも担当する予定をしております。

キャリアクロス: ご転職のきっかけを教えてください。

転職成功者様: きっかけは、他社の外資の転職エージェントで勤務されていた私の先輩がキャリアモデルになったことです。

彼は3年間、大手のエージェントで経験を積んでから、人事として勤務したいと考えていたそうです。そのエージェントに対しては、3年後は人事になるというキャリア目標をお伝えしたうえで入社されたっていう話を聞いて、私も似たようなキャリアを考えてみようと思いました。

私の場合は、条件として設定していたのが、家庭の事情もあるので、勤務地は関西、且つ外資系で採用の仕事ができる、リモートワークを積極的に行っている会社でした。その条件をもとに、今回の求人を見つけました。

企業側は7月1日入社を希望されていたようでしたが、私が求人を見つけたときに既に9月だったのですぐ入社できました。

キャリアクロス: なるほど。転職活動期間が2週間とあったので、早いなと思いまして。応募したのは1社だけですか。

転職成功者様: そうですね、今回、1回この会社にチャレンジしてみようと思いまして。

キャリアクロス: そうなると、前職で働きながら転職活動もして、転職先が決まったのですか。

転職成功者様: はい。おっしゃる通りです。

キャリアクロス: 今回、年収もすごく大幅に上がるということで、こちらも転職の条件でしたでしょうか?

転職成功者様: そうですね、コロナの影響もあって、本来であればもらえていたであろうお給料をもらえなかったので、前職の年収に関しては少し不満がありました。

キャリアクロス: そこで、ステップアップを考えたのですね。転職を決める際に、外資と内資でどちらが良いなどのこだわりはありましたか?

転職成功者様: グローバル企業で、英語が飛び交う程でなくても、会話で使うことができることが希望でしたので、外資系企業を希望しておりました。

キャリアクロス: なるほど。仮に外資系の会社と同じように英語が使えれば、内資でもよかったですか?

転職成功者様: そうですね、でも結局は企業の雰囲気が大事だと思っています。英語が使えても老舗のコミュニティ企業などで雰囲気が合わないと言って辞める友人もいます。私の高校はイギリス発祥のインターナショナルな環境だったので、同じ高校出身の友人には同じ働き方を好む人が多いです。

キャリアクロス: たしかに言語以外にもやっぱり雰囲気は大切だと思いますね。今は職務の中で、英語を日常的に使われているんですか。

転職成功者様: 社内に関しては外国人の方がそんなに多いわけではないのですが、日本語が話せない外国人の方が部署のトップなので、英語は使います。直属の上司はマレーシア在住インド人の方です。

今の業務では、日本在住の日本人の方にスカウトメールを送って、まずは面談するという流れなので、どうしても日本語の方が使う割合は多くなります。

キャリアクロス: 直属のボスが外国人なんですね。ヨーロッパにある本社に行く機会はありますか。

転職成功者様: 今はないですが、経験を積んだら本社に1年単位で行かせていただける機会もあるようです。

私の上司や所属チーム全体の中心となるのがマレーシアなので、上司はコロナが明けたらぜひ一度マレーシアに来るとよいとおっしゃています。

キャリアクロス: そうなのですね。ちなみに英語はどちらで学ばれたんですか?

転職成功者様: 10代前半に、だいたい小学5年生から中学卒業までアメリカにおりました。

キャリアクロス: 感覚的には日本とアメリカの両方に対応できる感じですかね。

転職成功者様: そうですね。アメリカは、多いときは毎年、1ヶ月とか、数週間単位で遊びにいったりしていました。社会人としてアメリカで勤務した経験はないので、仕事をするには自信がないですが、インターン生としての経験はあります。

キャリアクロス: 海外駐在の願望はありますか。

転職成功者様: 本当は、家族の都合ではなく自分の力で海外に行って教育の仕事がしたいと思っていました。教育業界でも2年の経験がありますが、学校で勤務することになるので、一般企業勤務の方とは違い世界が狭く感じてしまったのです。

このような経緯があり、一般企業でお金の動きとかもわかる仕事がしたくて、実際働いてみたらその仕事が面白くて、こちらの方が合っているなと思いました。もちろん日本で会社に所属しながら海外に行かせてもらう機会があれば挑戦してみたいと思います。

キャリアクロス: なるほど。ちなみに小学校5年生の時にアメリカに行ったときに入った学校は、アメリカ人の一般の学校ですか。入学前から英語を話せましたか。

転職成功者様: 一般の学校でしたが、英語を話せなかったので、準備のためにアメリカに渡る2ヶ月前から塾に通っていました。ESL(English for Second Language)Classという英語を話せない子供たちが集められて授業をするクラスが午後にありましたので、そちらに参加していた期間が1年間ありました。

キャリアクロス: 1年後にはもう英語に問題なかったですか。

転職成功者様: 一般的には、1年経ったときに耳が慣れて、言ってることを理解できるようになり、2年目に入るぐらいから自分の意思を伝えられるようになると言われています。私もだいたいそれに当てはまっていて、ESLは2年ぐらいで卒業することができました。

キャリアクロス: では、ほぼネイティブでいらっしゃるんですね?

転職成功者様: そうですね。でも中学校までなので、ボキャブラリーはやはりちょっと幼い部分がありますが、ビジネスで話すときにそんなに難しい単語は必要ない場合もありますので、そこまで困っていません。帰国してからもTOEICや英検1級は取りましたし、努力はしました。

私の兄弟もキャリアクロスを使っていますが、弟に関してはアメリカに行ったのが5歳だったので、日本語の習得のほうが彼にとってはチャレンジでした。妹は本当にバイリンガルで両方の語学が得意なタイプだと思います。下の弟に関しては英語の方が全然得意で、家に帰ると、妹とは英語で会話しています。

キャリアクロス: グローバルですね。最初にキャリアクロスにご登録されたのが現職に就く前と聞いております。そのときに登録されたときのきっかけはございますか。キャリアクロスをどのように知りましたか。

転職成功者様: キャリアクロスは、インターネットでバイリンガル求人というワードで検索して登録させていただいたと思います。

当初は、外資系でなくてもいいので、英語が使える仕事をしたいと思っていました。初めて就職活動をするときに、バイリンガル秘書の仕事に憧れて、シェアオフィスの会社などで募集していることを知りました。本格的に転職活動を始めてから、登録をしたと思います。

キャリアクロス: なるほど。登録するときに、キャリアクロスに期待したことがあれば伺ってもよろしいですか。

転職成功者様: 関西で仕事を希望していたので、関西圏で英語の使用頻度が高い求人を求めて、登録させていただきました。

キャリアクロス: 実際お使いになってどうでしたか。関西圏の英語を使う仕事はまずまずあったという印象ですか。

転職成功者様: そうですね。今回に関しては、リモートの求人も条件の一つになったんで、リモートの案件が多かったのは利用させていただいてよかったな点かなと思います。関西の求人希望でしたので、あまり条件をきつくすると数が限られますので、最初は条件を絞りすぎず、幅広く検索して、後で絞り込んで見つけました。

キャリアクロス: ありがとうございました。

インタビューを終えて

今回は求人サイトを通して転職をされるのが初めてだったとのこと。条件を絞りすぎず、最初は幅広く検索して絞り込むのがコツ。また、積極的にサイト内の会社情報に目を通して情報収集することも良かった点だと思いました。

タイトルとURLをコピーしました