WealthPark株式会社 - 注目企業記事

会社・仕事の魅力

WealthParkは、オルタナティブアセットのデジタルインフラを目指すスタートアップITベンチャーです。
現在は先駆けとして、オルタナティブアセットのなかのひとつである不動産業界で非流動資産の見える化に挑戦しています。
しかしこれは「目指す世界観の通り道」だと考えています。
クラウドファンディングの持ち分、ワイン、そして不動産も、オルタナティブ投資に関わるアセットが買える、そんなプラットフォームを作り上げてオルタナティブアセットのデジタルインフラになることを目指しています。
目指す世界観の達成のためにも、まずは不動産領域においてシームレスに、デジタル化をさせていくことに取り組んでいます。

なお2019年4月には、シリーズAラウンドで5億4000万円の資金調達を行いました。

最初からグローバルで勝ちに行く

2018年11月に米国へ進出し、CFOの白崎を中心として本場の不動産テック・コミュニティとの関係強化を進めています。

WealthParkが狙うのは、4200万人を超える世界中の富裕層に向けた「世界一のオルタナティブ投資のプラットフォーム」です。
そして、170兆ドルに上るという非流動資産の対象資産のうち、まず不動産領域に挑んています。
その手段として「最初からグローバル市場で勝つこと」を掲げています。

❝ 競合企業は、賃貸物件管理SaaSの米RealPageや米VTS。グローバル水準の上場企業やユニコーン企業だが、事業モデルの優位性で競争が可能だ。また、協業候補先として、オルタナティブ投資プラットフォームの米YieldStreet、大型商業不動産投資プラットフォームの米CADREなどを意識している。 ❞(川田)

WealthParkはすでに、日本、中国、台湾、香港、米国、英国、カナダでサービスを展開しております。
また、2019年9月には英Four社との事業提携・データ連携を発表、直近では不動産の人工知能(AI)査定サービスを展開するスイスPriceHubble社と提携、新サービス提供に向けた住信SBIネット銀行との協働を開始しました。
今後も益々サービス拡充や進化を進めていきます。

日本のスタートアップで初めてオフィシャルイベントとして認定された「WealthPark NYC」

毎年11月に開催される、世界の不動産テック企業が集う「NYC Real Estate Tech Week」にて日本のスタートアップで初めてオフィシャルイベントとして認定されたのが、WealthPark主催のイベントです。

不動産テックは、直近の話題こそ「WeWorkショック」ですがここ数年、グローバル市場にて多くの資金が流れ、数多くのユニコーン企業が誕生しています。
米国の不動産情報サイトのZillow、中古不動産販売のOpendoor、不動産仲介のRedfin、高級住宅に特化した売買賃貸仲介のCompassは、GAFAならぬ「ZORC」と呼ばれて世界中から注目を集めています。
そんな不動産テックの本場であるニューヨークにも拠点を構え、グローバル市場を見据えて挑戦をしています。

メンバーは世界12か国から集結、経験豊かなプロフェッショナル集団

メンバーは非常に多様性に富んだ構成です。現在は12か国から集結しています。
日本語だけでなく、英語・北京語・広東語などが飛び交うにぎやかな環境です。
なおエンジニアリング部門は日本語を不問としており、英語環境です。

IT・金融・不動産等、様々な業界のプロフェッショナルが必要である弊社事業特性より、投資銀行・投資ファンド・上場不動産会社・大手インターネット会社等からメンバーが集結しました。
そして現在も引き続き、更なる体制強化のため積極的な採用を行っています。

採用担当者からのメッセージ

WealthParkは社員90名ほどのスタートアップITベンチャーです。
まだまだ小さく、そして無名の会社ではありますが、各業界を牽引するリーディングカンパニーでの経験を持つマネジメントが率いるチームです。
少しでもご興味をお持ちいただければ非常に嬉しく思っております。
素敵な方からのご応募を心よりお待ちしております。
※マネジメントの経歴等につきましては、弊社コーポレートページにてご覧いただけます。