スウォッチ グループ ジャパン株式会社 - 注目企業記事

世界最大の時計製造グループ

 スウォッチ グループは、スイス・ビール市を本拠地に、160以上の独立した事業組織と30カ国以上におよぶ現地法人(100%出資)を統括する世界最大の時計製造グループです。

 スウォッチ グループは、誠実で志の高い、チームスピリットを有する大切なパートナーである従業員個々の貢献無くして、更なる目標の実現と健全な会社経営の強化は困難であると考えております。
当サイトを通じて、採用募集内容と共に、共有すべきビジョン・アイデア・理念・考え方について、より多くのご理解を頂ける機会をご提供させて頂き、スウォッチ グループの一員として是非、一緒に働いてみたいと思う皆様のご応募を心よりお待ちしております。

スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 人事採用担当

募集職種

現在、スウォッチ グループ ジャパン 株式会社では、以下において人材募集を行っております。

 

 オメガの第一歩は、1848年、時計師ルイ・ブランがスイスのラショードフォンに時計工房を開設したことに始まります。オメガの160年以上にわたる歴史は、そのまま、スイス時計産業の発展の歴史といっても過言ではないでしょう。オメガは、初めて互換性のある部品による分業方式を採用したメーカーです。

 スイスジュラ渓谷の麓、ル ロックルに本拠を置くミドーは、1918年に時計職人のジョージ シャレンによって設立されて以降、一貫して機械式時計の名品を作り続けてきました。ミドーというブランドネームはスペイン語で「Yo mido」- 私は計測する - という意味から名づけられました。「時代を超えることが真に優れたデザインの証」という信念に基づき、いたずらにトレンドを追わない洗練された外観にまとめ上げるのもミドーの伝統です。過剰な主張を控えたデザインは、高品質な素材使いや巧みなフィニッシュワークを際立たせています。現行の主要コレクションに見られるアイコン的なディティールは、時の試練を経てもモニュメントとしての荘厳な輝きを失わない世界各地の有名建築物からインスパイアされたものです。
 

 

 19世紀末、アメリカを支えていた鉄道の発展とともに、正確で耐久性のある時計の開発は急務でした。創立からまもなく、時代の要求に応えたハミルトンの時計は、人命を託すに値する時計として「鉄道公式時計」という称号を得ました。その名声は瞬く間に広まり、技術力の高さを証明したハミルトンは、二度の大戦にわたって陸・海・空、すべてのフィールドでアメリカ軍を支えることとなりました。

 

 スウォッチの革命は、時計作りの歴史を変える重要な出来事でした。スウォッチの物語が始まったのは、1970年代後半。
当時、優れた職人技から生まれるスイス製腕時計は、独自の価値観を持ち、「一生モノ」という概念の基、大切に扱われていました。手作業で作られる機械式ムーブメントを備えた腕時計は、世代から世代へ何世紀も受け継がれ、伝統的な知識と技術の結晶だったのです。