日本ウォーターズ株式会社 - 注目企業記事

THE SCIENCE OF WHAT’S POSSIBLE

Waters

ラボで行っている事は、私達の暮らしの一部となっています

私達をより健康にさせてくれる、これまでになかった新しく画期的な医薬品の開発。日々口にする食べ物、お酒、水などの品質管理。毎日身につける衣類や無邪気に遊ぶ子供たちの玩具の元になるプラスチック、ポリマー、合成品の安全性。また、病気の早期発見や治療、そしてクリーンな環境を維持するために欠かせない高いレベルの基準。これら全てはWatersの分析テクノロジー ~実現させるサイエンス~ と共に始まります。

Waters

マサチューセッツ州ミルフォードに本社を置く当社は、株式公開企業 (NYSE:WAT) として、液体クロマトグラフィー、質量分析法、レオメトリー、およびマイクロカロリメトリーなどの分析技術において世界の市場をリードしています。200~250億ドルと推定される全世界の分析機器市場の中で、これらの技術に関連した商品の取引量は約50億ドルにも及びます。

とりわけ当社が設計、製造、販売、およびサービスを行っている代表的な商品は、超高速高分離液体クロマトグラフィー (UPLC)、高速液体クロマトグラフィー (HPLC)、クロマトグラフィーカラムおよび化学関連製品、質量分析 (MS) システム、熱分析装置、およびレオメトリー装置などがあります。

沿革

1958 年の設立以来、ウォーターズコーポレーションは、革新的な分析機器製造事業に携わり、科学者の方々のそれぞれの目標達成、生産性の向上を支援するとともに、ラボにベースを持つ企業や組織が、研究、開発、および品質管理への投資に対して多くの収益を回収できるようサポートしてきました。

創薬事業や新しく効果的な病気治療方法の開発、あるいは世界中の食料および飲料水供給の安全性保証を始め、環境汚染のモニタリングおよび管理、世界各地の貴重な美術品の保存に至るまで、世界中の科学者がウォーターズの液体クロマトグラフィーと質量分析の製品を信頼し、活用しています。

50 年以上もの長きに渡り事業を続け、ウォーターズは今や分析機器業界における最大の企業の一つに成長しました。今では世界中の10 万もの数に及ぶラボで研究を行う多くの科学者たちを支援しています。苦労の末得られた、応用的な専門技術や販売後のアフターサービスに対する高い評価により、ウォーターズは同業者の中で際立つ存在に成長し、年々業界内で優良企業としての地位を確固たるものとしています。