求人ID : 908311 更新日 : 2019年06月27日
登録型フリーランス募集・バイリンガル歓迎

【フリーランス案件】 通訳/interpreter 日⇔英 

採用企業 株式会社キャタル・コミュニケーションズ
勤務地 東京都 23区, 港区
勤務形態 フリーランス
給与 経験考慮の上、応相談

募集要項

キャタル・コミュニケーションズは、バイリンガルによる英語教育を専門とする株式会社キャタルの通訳部門として2006年発足し、2009年に分社化・独立しました。日本と英語圏の生活文化の理解と業界の知識をかけあわせることによって、高品質・高付加価値の翻訳・通訳サービスを提供しております。

現在は社内通訳をはじめ、1)政策、2)広告、3)金融、4)講演会、の分野を中心に通訳事業を展開しています。

=========================
 登録型フリーランス通訳者/interpreter
=========================

キャタル・コミュニケーションズはフリーランスでご活躍いただける通訳者を募集しております。

業務の一例としてですが、以下のような話者の通訳をします。

  • 外資企業エグゼクティブ(本国/日本法人) × 国会議員・中央省庁職員
  • 事業会社 マネージャー × 広告代理店 アカウント・マネージャー
  • 投資会社 ファンド・マネージャー × 企業IR担当者
  • ビジネス書 著者 × セミナー参加者

応募必要条件

職務経験 1年以上
キャリアレベル 中途経験者レベル
英語レベル ネイティブ
日本語レベル ネイティブ
最終学歴 大学卒: 学士号
現在のビザ 日本での就労許可が必要です

スキル・資格

下記の条件の3つ以上該当する方は弊社通訳者として広くご活躍いただけます。

  • 10年以上の海外在住経験がある帰国子女
  • 英語と日本語を母国語として話せる方
  • 2年以上の通訳実務経験がある方
  • 日本で2年以上の企業勤務経験がある方

※3つ以上に当てはまらない方でもお気軽にご応募ください。

【ご応募から採用までの流れ】

  1. 書類選考
    - 書類選考の合否をご連絡します
  2. 電話での面接
    - 電話での面接の合否をご連絡します
  3. 対面で面談/通訳実技のテスト・レベルチェック
    テストの結果、以下のいずれかをご連絡します ※
    ① 採用
    ② 採用を前提に研修を実施 ※
    ③ 不採用
    ※ 各段階において不採用の理由をお伝えすることはありません。ご了承ください。
    ※ 研修は弊社が無償で実施します。研修の内容や期間は研修者のレベル・適性に合わせて随時決定します。

【人事制度について】

キャタル・コミュニケーションズでは「パートナー/アソシエイト制度」を設けており、法務事務所のように通訳者が自ら事業の運営・監督をする形式をとっています。
当社の通訳者は以下の3つの属性に分けられます。

  1. パートナー
  2. アソシエイト
  3. フリーランス

このたびの求人では、まず「フリーランス」としてご登録いただき、案件単位での報酬をお支払いいたします。お気軽にご応募ください。

勤務地

  • 東京都 23区, 港区
  • 銀座線、 外苑前駅

労働条件

勤務形態 フリーランス
給与 経験考慮の上、応相談
採用企業情報

株式会社キャタル・コミュニケーションズ

【フリーランス案件】 通訳/interpreter 日⇔英  - 908311

会社説明

キャタル・コミュニケーションズは英語を媒体として
日本と世界を近づける人の集まりです。

東京都港区青山にあるバイリンガルに特化した通訳・翻訳エージェンシーです。渋谷にある「バイリンガルの英語寺子屋」株式会社キャタルを母体とし2009年に独立分社化されました。

現在では広告代理店、投資ファンド、著名講演家等を主な顧客とし、差別化された品質の高い通訳者の育成と供給に務め、国内外の多くの顧客企業より高い評価を受けています。

分野:広告/PR、マスメディア、金融/投資、マーケティング、セミナー/講演会、政策(議会/省庁)、その他ビジネス全般

取引先企業(抜粋)

株式会社博報堂、株式会社電通、株式会社アサツーディ・ケイ、株式会社プラップ・ジャパン、KKRジャパン、ベイン・キャピタル、UBS証券、ゴールドマン・サックス証券、モルガン・スタンレーMUFG証券、ラーニングエッジ株式会社、米国研究製薬工業協会(PhRMA)、等

著名人講演会(抜粋)

スティーブン・コヴィー博士(「7つの習慣」著者)
ロバート・キヨサキ(「金持ち父さん貧乏父さん」著者)
ジム・ロジャース(投資家)
アンソニー・ロビンズ(自己啓発スピーカー)
ジェイ・エイブラハム(マーケッター)
トニー・ブザン(「マインドマップ」考案者)
アル・ゴア(元米国副大統領・「不都合な真実」著者)