求人ID : 888465 更新日 : 2019年05月14日

【店舗開発本部】新店開発部、コンサルタント

採用企業 日本マクドナルド株式会社
勤務地 愛知県, 名古屋市中区
勤務形態 正社員
給与 600万円 ~ 800万円

募集要項

職務の目的

担当エリアにおいて戦略に基いた将来性のある質の高い物件の開発を実行し、セールス、利益の最大化に貢献する

主な顧客
社外:フランチャイジー
社内:直営店舗リーダー、キーステークホルダー

主な成果責任

  • 新店開発業務(新規出店、リロケーション、リビルド)における質と量の確保
    1 店舗数(当年GO数、翌年以降物件承認サイン数)
    2 獲得売上高(新店売上高、インクリメンタルセールス%、営業月数、ミニマーケット純増売上高)
    3 セールスEVA
    4 各プロジェクトのプロセス管理
    5 チーム内のサポートと業務改善への提言
  • あらゆるリソースを駆使し、質の高い物件の情報を入手する
  • 物件情報を具現化する為に、社内・社外との交渉を実施しプロセスを管理する
  • Development boardにおいて、自身の担当物件に関して、マネジメントチームの経営判断に足る効果的なプレゼンテーションを実施する
  • 社内承認後の不動産契約をコーポレート・ガイドラインに則り実行する
  • 不動産契約後から新店オープンまでのプロセスがスムーズに進行するよう社内外の調整を実施する
  • 新店オープン前とオープン後(3ヶ月目安)のPOR実施を準備・実行する
  • 会社規定・法規定に従い、不動産関連の記録・書類を確実に正しい方法にて保管する

*上記一連業務をMGRのサポートなくスムーズ且つ効果的に実行できる。

 

応募必要条件

職務経験 3年以上
キャリアレベル 中途経験者レベル
英語レベル 無し
日本語レベル ネイティブ
最終学歴 大学卒: 学士号
現在のビザ 日本での就労許可が必要です

スキル・資格

必須条件/望ましい経験や経歴(任意) :

  • 新店開発経験(できれば飲食業)
  • 3年以上の経験(即戦力希望)
  • 転勤可能な方(東京・名古屋・大阪に拠点あり)


【勤務時間】
9:00~18:00(実働8時間)
※フレックスタイム制度・在宅勤務制度あり
■育児短時間勤務制度あり(小学校卒業まで)

【待遇・福利厚生】
■社会保険完備
■年次有給休暇
■社員持株会
■退職金制度
■各種団体保険
■総合福利厚生メニュー「WELBOX」
■定期健康診断
■資格取得奨励金制度

【休日休暇】
■完全週休2日制(土・日)
■祝日
■育児休業(最長2年)
■看護勤務
■看護休暇
■介護休暇
■年末年始休暇
■慶弔休暇
■誕生日特別休暇
■永年勤続休暇(5年で5日、10年で10日、20年で20日)

勤務地

  • 愛知県, 名古屋市中区

労働条件

勤務形態 正社員
給与 600万円 ~ 800万円
勤務時間 9:00~18:00(実働8時間) ※フレックスタイム制度・在宅勤務制度あり
休日・休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、育児休業(最長2年)、看護勤務、看護休暇、介護休暇、誕生日特別休暇、永年勤続休暇等
配属部署 店舗開発本部 新店開発部
採用企業情報

日本マクドナルド株式会社

【店舗開発本部】新店開発部、コンサルタント - 888465

会社概要

会社の種類 大手企業 (300名を超える従業員数) - 外資系企業
外国人の割合 外国人 少数

会社説明

『マクドナルドはピープルビジネスです。お客様の本当の声に耳を傾けた取り組みを重ねて成長し続けるためには、変化を恐れずに挑戦し続ける「人」の実行力が何よりも大切です。

企業の成長を支えるのは「人」そのもの——そう考えているからこそ、あらゆる成長とキャリアの可能性を全力でサポートしています。マクドナルドの仕事を通じて、皆さんは必ず成長できると約束します。皆さん一人ひとりが明確なビジョンを持ち、主体的に成長しようと思える。そして、多くの人との関わり合いの中で自信と情熱を持ってリーダーシップを発揮できる——そんなビジネスパーソンに成長するために必要なチャンスがマクドナルドにはたくさんあります。

現在、ここ日本において、オーナー・オペレーターやサプライヤーをはじめとしたビジネスパートナーと、約15万人のクルーとともに「おいしさとFeel-Goodなモーメントを、いつでもどこでもすべての人に。」お届けすべくベストを尽くすよう努めています。

マクドナルドはあらゆるチャンスに満ちた会社です。チャンスとはつまり、成長の機会のことです。そこには必ずリスクが伴うものですが、これから自らのキャリアを築こうとしている皆さんには恐れない勇気を持ってもらいたい。果敢に、大胆に、恐れることなく“YES! ”と答え、どこまでも自分の可能性を広げ続けていってほしいと思います。』

代表取締役会長
サラ L.カサノバ