求人ID : 888124 更新日 : 2019年11月19日
Work on the most advanced technologies

DCEOオペレーションエンジニア / DCEO Operation Engineer

採用企業 アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
勤務地 日本 全国各地
勤務形態 正社員
給与 経験考慮の上、応相談

募集要項

DESCRIPTION

データセンター エンジニアリング・オペレーションズ(DCEO)チームは、AWSの大規模・高密度なデータセンター内で、ファシリティ(電気・機械設備、制御系・消防関連設備など)の導入から運用・保守まで担当していただけるサブジェクトエキスパート ( SME )を募集しています。社内外のお客様向けのサービスを365日24時間体制でサポートしている為、勤務形態はシフト勤務、オンコール、又はそれらの組み合わせとなります。

ダイナミックに変化・成長を続ける刺激的な環境で、最先端の技術に携わりませんか?結束力の強い、国際色豊かなチームメンバーがお待ちしています!

主な仕事内容

  • ミッションクリティカルなファシリティの運用・保守業務
  • ラックキャパシティの増減に関わるハンズオン業務
  • 新規構築プロジェクト、拡張プロジェクト業務
  • 自然災害への準備・対策、インシデントなど優先度・重要度の高い緊急対応
  • 面接官として、候補者のインタビュ


The Data Center Engineering Operations (DECO) operation team is seeking a strong subject matter expert (SME) who can deploy, operate, and maintain the facilities (electrical/mechanical systems, control/fire-fighting systems, etc.) of our large-scale, high-density data centers. We support our internal and external customers 24x7 all year, so work is by shift, on-call or a combination of the two.

As a member of this team, you will have the chance to work on the most advanced technologies in a DYNAMIC environment with expanding opportunities. If you enjoy working in a strong and close-knit diverse team, Infrastructure Operations (Data Center) Team is the place to be!

MAIN RESPONSIBILITIES

  • Operation and maintenance of mission-critical facilities
  • Hands-on work relating to decrease/increase of rack capacity
  • New build and expansion projects
  • Prepare and implement countermeasure for natural disasters, emergency response to high priority/critical incidents
  • Interview candidates

BASIC QUALIFICATIONS

  • データセンターファシリティの運用・保守(短長期計画)の経験があること
  • データセンターファシリティの基本的な知識(CDCS相当)を保持していること
  • 変更管理、インシデント管理、問題管理、障害対応の経験があること
  • 標準手順書、作業手順書、緊急手順書などの文書作成経験があること
  • ポリシー、プロセス、作業手順に基づいた作業と、メンテナンス期間・変更管理の経験または基本理解があること
  • ベンダー管理経験があること
  • 日常業務を問題なくこなせる程度の英語でのコミュニケーション能力(会話・読み書き)- TOEIC 800点以上、または同等の英語力があること
  • セイフティー(安全)ならびにセキュリティのポリシー(基準)を理解し、順守できること
  • 18 kg程度の機器を、機械を用いて安全に持ち上げ移動できること
  • オンコール勤務が可能な方
  • シフト勤務が可能な方(勤務形態:4勤3休のシフト制となり、日勤・夜勤を交互に担当します。更にシフト勤務の詳細は別途面接時にお伝えさせて頂きます。)
  • Experience with operating and maintaining data center facilities (short and long-term planning)
  • Basic knowledge (equivalent to CDCS) of data center facilities
  • Experience with change management, incident management, issue management, and troubleshooting after failure
  • Experience writing documents such as standard operating procedures, methods of procedure, and emergency operating procedures
  • Experience or basic understanding of maintenance windows and change management systems, as well as how to work following policies, processes, and procedures
  • Vendor management experience
  • Japanese business level
  • English proficiency (verbal and written) at a level that enables daily tasks without trouble - TOEIC 800+ or equivalent
  • Able to understand and follow Safety and Security policies in a workplace
  • Able to lift and/or move equipment weighing about 18kg safely using lifting machines
  • Able to work on-call
  • Able to work in shifts (4 on, 3 off; switch between day and night shifts. Work schedule details will be discussed during the interview)
     

PREFERRED QUALIFICATIONS

  • PMP、Prince2、ITIL v2またはv3、BICSI、ASHRAE、CDCP、CDCS、CDCEまたは同等の資格を保持していること
  • データセンターの運用保守経験があること
  • 電気関連システム(電力変電所の供給、変圧器、スイッチギア、VFIクラスのUPS、DRUPS、PDU、ATS、STS、SLAまたはVRLAバッテリーと関連システム、ディーゼル・ガスタービン発電機と関連する燃料システム、サージ制御回路、アクティブ高調波フィルタ、バッテリー監視システム、分岐回路モニタリングシステム、SCADAシステム)の優れた理解力があること
  • 機械関連システム(CRAC・CRAH・AHU、チラー、クーリングタワー、貯蔵タンク、熱交換器、配管システム、ポンプ、バルブ、ダクトシステム、ファン、ダンパ、火災感知と消火システム、配管と排水システム、ビル監視システム、自動制御システム)の優れた理解力があること

 

  • Experience working on PUE improvement measures
  • Holds certification for Qualified Energy Manager and has experience reporting to the government about energy management
  • Holds certification for Type II Chief Electrical Engineer and has experience managing extra-high voltage electrical facilities
  • Strong ability to understand electrical systems (supply system of power substations, transformers, switchgears, VFI-class UPS, DRUPS, PDU, ATS, STS, SLA or VRLA battery and related systems, fuel systems related to diesel/gas turbine generators, surge control circuits, active harmonic filters, battery monitoring systems, branch circuit monitoring systems, SCADA systems)
  • Strong ability to understand mechanical systems (CRAC/CRAH, AHU, chillers, cooling towers, storage tanks, heat exchangers, plumbing systems, pumps, valves, duct systems, fans, dampers, fire detection and extinguishing systems, drainage systems, building monitoring systems, automatic control systems)
  • Experience participating in commissioning
  • Holds certification in PMP, Prince2, ITIL v2 or v3, BICSI, ASHRAE, CDCP, CDCS, CDCE, or equivalent
  • Understands PDCA and has experience with process improvements
  • Experience with hiring and training new employees

応募必要条件

職務経験 6年以上
キャリアレベル 中途経験者レベル
英語レベル 日常会話レベル
日本語レベル ビジネス会話レベル
最終学歴 大学卒: 学士号
現在のビザ 日本での就労許可が必要です

勤務地

  • 日本

労働条件

勤務形態 正社員
給与 経験考慮の上、応相談
採用企業情報

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社

DCEOオペレーションエンジニア / DCEO Operation Engineer - 888124

会社概要

会社の種類 大手企業 (300名を超える従業員数) - 外資系企業
外国人の割合 外国人 少数

会社説明

先進のクラウドコンピューティング技術でお客様のビジネス拡大を支援。

2006年、Amazon Web Services, Inc.は、ウェブサービスという形態で企業を対象に IT インフラストラクチャのサービス提供を開始。それは現在、一般的にクラウドコンピューティングとして知られています。クラウドコンピューティングの主なメリットの1つは、先行投資資本となるインフラコストを、お客様のビジネス拡大に合わせた低額の変動費に移行できること。クラウドを使用することで、企業はもはや数週間・数ヶ月も前から、サーバや他の IT インフラストラクチャを計画・調達する必要がなくなります。クラウドなら、即座に何百・何千ものサーバーを数分でスピンアップし、迅速に結果を出すことが可能です。


AWSのサービス展開は世界190ヶ国。

AWSは、現在、クラウドの拡張性ある低コストのインフラストラクチャプラットフォームで、世界190ヶ国の100万以上のお客様にビジネスを駆動しています。米国、アイルランド、ドイツ、ブラジル、シンガポール、日本、オーストラリア、中国 および韓国におけるデータセンターで、あらゆる業界のお客様に活用いただいています。日本においても、2011年3月、世界で5ヶ所目となるデータセンター「東京リージョン」を設立。 日本語サポートの提供も開始し、日本国内でのAWS展開を本格的に進めています。


お客様のフィードバックに基づく迅速なイノベーションでIT業界の新たな歴史を創る。

Amazonは、「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」を理念に掲げています。この理念は、AWSでも同様です。Amazonの原点である「圧倒的な品揃えと安さ」を追求し、今では仮想サーバだけではなく、50を超えるクラウドサービス群を提供。お客様の要望に応えて機能やサービスを追加するので、AWSのサービスの進化を見ると、ITのトレンドが見えてくるとも言われるほどです。そのため、AWSに携わる社員として働くには、ネットワーク、サーバ、OS、言語、ミドルウェア、データベース、アプリケーション等、システム全体への理解が必要なため、勉強も欠かせません。まさに毎日が常に「Day One」です。すでに国内では、あらゆる業界、あらゆる規模の企業や開発者等、数万以上のお客様に AWS をご利用いただいていますが、クラウドコンピューティングがさらに普及する余地はまだまだたくさんあります。今なら日本のIT業界における新たな歴史を創っていけます。

先進のクラウドコンピューティング技術でお客様のビジネス拡大を支援。

2006年、 Amazon Web Services, Inc.は、ウェブサービスという形態で企業を対象に IT インフラストラクチャのサービス提供を開始。それは現在、一般的にクラウドコンピューティングとして知られています。クラウドコンピューティングの主なメ リットの1つは、先行投資資本となるインフラコストを、お客様のビジネス拡大に合わせた低額の変動費に移行できること。クラウドを使用することで、企業は もはや数週間・数ヶ月も前から、サーバや他の IT インフラストラクチャを計画・調達する必要がなくなります。クラウドなら、即座に何百・何千ものサーバーを数分でスピンアップし、迅速に結果を出すことが 可能です。


AWSのサービス展開は世界190ヶ国。

AWSは、現在、ク ラウドの拡張性ある低コストのインフラストラクチャプラットフォームで、世界190ヶ国の100万以上のお客様にビジネスを駆動しています。米国、アイル ランド、ドイツ、ブラジル、シンガポール、日本、オーストラリア、中国 および韓国におけるデータセンターで、あらゆる業界のお客様に活用いただいています。日本においても、2011年3月、世界で5ヶ所目となるデータセン ター「東京リージョン」を設立。 日本語サポートの提供も開始し、日本国内でのAWS展開を本格的に進めています。


お客様のフィードバックに基づく迅速なイノベーションでIT業界の新たな歴史を創る。

Amazon は、「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」を理念に掲げています。この理念は、AWSでも同様です。Amazonの原点である「圧倒的な品揃 えと安さ」を追求し、今では仮想サーバだけではなく、50を超えるクラウドサービス群を提供。お客様の要望に応えて機能やサービスを追加するので、AWS のサービスの進化を見ると、ITのトレンドが見えてくるとも言われるほどです。そのため、AWSに携わる社員として働くには、ネットワーク、サーバ、 OS、言語、ミドルウェア、データベース、アプリケーション等、システム全体への理解が必要なため、勉強も欠かせません。まさに毎日が常に「Day One」です。すでに国内では、あらゆる業界、あらゆる規模の企業や開発者等、数万以上のお客様に AWS をご利用いただいていますが、クラウドコンピューティングがさらに普及する余地はまだまだたくさんあります。今なら日本のIT業界における新たな歴史を 創っていけます。