求人ID : 881570 更新日 : 2019年09月10日
海外事業部にて、和英のローカライザーまたはコーディネーターを担当

和英ローカライズ(国籍不問)大卒以上35歳以下

勤務地 東京都 23区
勤務形態 正社員
給与 350万円 ~ 1000万円

募集要項

海外事業部にて、和英のローカライザーまたはコーディネーターを担当していただきます。英語圏に向けた日本語ゲームのローカライズに関する仕事です。

【具体的な業務】 
〈ローカライザー〉 
日本語ゲームを英語圏向けにローカライズする、ゲームの翻訳業務を行います。原文の品質をそのままに、広く北米の方に受け入れられるようなローカライズ業務にあたっていただきます。

〈コーディネーター〉 
ゲームを、英語圏向けにローカライズするにあたって必要となる、翻訳以外のさまざまな業務を行うポジションです。 
1. 実装・実機確認 
翻訳されたものをゲームへ実装し、実機確認を行います。 
2. 校正 
3. 翻訳関連資料の作成・編集・管理 
4. 関連部署や外注先とのやりとり 
5. ローカライズの方向性提示

応募必要条件

職務経験 1年以上
キャリアレベル 中途経験者レベル
英語レベル 流暢
日本語レベル 流暢
最終学歴 大学卒: 学士号
現在のビザ 日本での就労許可が必要です

スキル・資格

大卒以上。35歳以下。

 

【ローカライザー】 
〈必須要件〉 
下記すべてを満たす方 
1. 英語が母国語かつ日本語が堪能な方 
2. 和英翻訳経験1年以上 
3. 文章を書くことが好きな方

〈尚可〉 
1. 北米の文化に詳しい方(テレビ、映画、ゲームなど) 
2. 英語圏のスマホゲームを日常的にプレイしている方 
--------------------------------------------------------------------------- 
【コーディネーター】 
〈必須要件〉 
下記すべてを満たす方 
1. 日本語が母国語レベルの方 
2. 英語が得意な方(TOEIC700点相当以上)

〈尚可〉 
1. 英語圏の文化に詳しい方(テレビ、映画、ゲームなど) 
2. ゲームを日常的にプレイしている方 
3. 翻訳に携わった経験

勤務地

  • 東京都 23区

労働条件

勤務形態 正社員
給与 350万円 ~ 1000万円
配属部署 海外事業部
人材紹介企業情報

オフィスリングシステム株式会社

和英ローカライズ(国籍不問)大卒以上35歳以下 - 881570

会社説明

“Think Globally  Act Locally”

グローバルな視野を持ちながら地元だけで活動している優秀な人材を、より広い企業にご紹介している会社です。これまで、海外勤務、海外留学、外資系企業経験者など、ビジネスレベルでの外国語をベ-スにプロフェッショナルとして本格的に活躍できる豊富な求人案件の実績があります。一緒に相談しながら、あなたの転職が真の天職に活かされるように誠実にお手伝いをします。

現在、どの企業もIT人材不足が非常に深刻ですが、日本を初めアジア各国の優秀なIT人材にもっと活躍の場を広げて弊社の求人情報を提供することにより、素晴らしい技術の情報交流と異文化間コミュニケ-ションや互助精神を学びとることができます。

最後に、国内および海外での奉仕活動を通じての人的交流を図りつつ、日本と海外との人材的な架け橋になれるよう日々努力いたします。

“Think Globally, Act Locally”

The purpose of the company is to introduce excellent and capable professionals thinking globally and act locally for our valued corporate customers . The candidates we introduce have a wide range of experiences of working for global companies or studying abroad . We are committed to serve the high-quality candidates and sincerely cooperate them to the career-up positions.

Our vision is to provide more opportunities for IT professionals including Japanese and Asians amidst the shortage of IT professionals in Japan. By exchanging technical opinions, cross-cultural communications, we further enhance the true friendship and mutual trust beyond the countries.

Finally, we will make constant efforts to build the human-resource bridge between Japan and other countries by global volunteer activities as well.