求人ID : 849258 更新日 : 2019年04月23日
世界第3位のグローバル・マーケティング・リサーチ会社

リサーチャー経験者 【定性調査担当】 大阪オフィス

採用企業 イプソス株式会社
勤務地 大阪府, 大阪市北区
勤務形態 正社員
給与 450万円 ~ 750万円

募集要項

《業務内容》

 

●定性調査(企画設計-分析報告までの業務全般)
●定性調査の専門部門です。モデレーションやインタビュー。
●クライアント企業は、消費財(飲料・日用品など)、ヘルスケア、自動車、金融、IT等。
●海外とのやり取りも頻繁にあります。(バイリンガル歓迎)

※エントリー時の必要書類
・弊社リサーチャーポジションに対する200字程度の志望動機
(なぜ今回ご応募いただけたのか、忌憚なく教えてください)
応募時のカバーレターおよび添付ファイルにて貴方のお考えを頂戴できれば幸いです。
志望動機をもって、正式なエントリーとさせていただきます。

応募必要条件

職務経験 3年以上
キャリアレベル 中途経験者レベル
英語レベル ビジネス会話レベル (英語使用比率: 25%程度)
日本語レベル ネイティブ
最終学歴 大学卒: 学士号
現在のビザ 日本での就労許可が必要です

スキル・資格

<ご応募条件>
◎ リサーチャーとしての定性調査経験
◎ビジネスレベルの英語力(TOEIC:800点以上相当英語必須)
◎ PCスキル:(Word、Excel、PowerPoint)
※エントリー時の必要書類】:志望動機書

<歓迎要件>

◎ヘルスケア業界の経験(OTC,RXどちらでも)
◎定量調査(リサーチャー)、データ分析の経験
 

<雇用条件等の追加情報>
雇用形態: 正社員(試用期間あり 6ヶ月、試用期間中はフレックス制の対象外)

給与条件: 年俸制
年齢・経験を考慮して年収を決定いたします

試用期間6か月

勤務時間: 9:30~18:00 
フレックス制

有給休暇: 初年度10日
休日日数:土曜、日曜、祝日、夏季休暇(5日)、年末年始休暇
社会保険: 完備(健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険)
待遇: 昇給あり、企業年金制度(確定拠出年金、確定給付年金)、育児/介護休業制度、リフレッシュ休暇制度など
 

勤務地

  • 大阪府, 大阪市北区
  • 東西線、 大阪天満宮駅

労働条件

勤務形態 正社員
給与 450万円 ~ 750万円
勤務時間 9:30~18:00  実働7.5時間  フレックス制 (コアタイム10:30~16:00)
休日・休暇 土曜、日曜、祝日、夏季休暇(5日)、年末年始休暇
配属部署 定性調査部門
採用企業情報

Ipsos in Japan

リサーチャー経験者 【定性調査担当】 大阪オフィス - 849258

会社概要

会社の種類 中小企業 (従業員300名以下) - 外資系企業
外国人の割合 外国人 少数

会社説明

Ipsosは、世界第3位の規模を誇るグロ―バル市場調査会社です。
パリに本社を構え、日本を含め、世界89カ国に支社があります。
1975年創業以来、40年以上に渡り一貫して市場調査のプロフェッショナルによる経営を守り続けています。

Ipsosグループの日本支社として二つの法人があり、
世界をリードするマーケティングリサーチをお届けしています。
◆イプソス株式会社
◆イプソスヘルスケアジャパンリミテッド
◆株式会社ジャパンマーケティングオペレーションズ

Ipsos選択の3つの理由
■消費者及び市場の理解

 社会心理学に基づいた元々のIpsosモデルは消費者の期待、モチベーション、意図するところを明確にします。クライアントは、市場、消費者、国民一般をより良く理解することが可能となります。

■クライアントとの密接な関係
 クライアントのさまざまな課題解決の為、特別なパートナーシップを組んで臨みます。 Ipsosではクライアントとの密接な関係作りが最も重要なことであると考えます。

■Ipsosはサーベイ・ベースのリサーチに特化した、独立したリサーチのプロ集団です
 専門特化した機能ゆえ、シンプルなリサーチは言うに及ばず、リサーチをベースとしたコンサルティング・サービスとして知られており、世界中のトップ企業がそれを証明してくれます。

【イプソス株式会社】
我々のミッションは、クライアントの皆様に成功をもたらすために、戦略パートナーとして、日本の、そして世界各国の消費者および市場のインサイトを伝えることです。我々の持つ高品質なリサーチ技術とグローバルネットワークを活かし、サービスをご提供致します。

目標を達成するため、我々は「5つのバリュー」で、企業文化に定義しました。それらは、「誠実さ(Integrity)」「好奇心(Curiosity)」「コラボレーション(Collaboration)」「クライアント優先主義(Client first)」「起業家精神(Entrepreneurial spirit)」です。更に、数々の社内外の教育プログラムによりリサーチャーの能力の向上に努め、様々な従業員支援プログラムにより、従業員の福利厚生の改善をはかっています。