アシスタントマネージャー Assistant Manager(マーケティング担当) - 629969

アシスタントマネージャー Assistant Manager(マーケティング担当) 独占求人

シンガポールの魅力や可能性を日本に発信、PRする政府機関

募集職種

採用企業名
シンガポール政府観光局
求人ID
629969  
部署名
日本支局  
外国人の割合
外国人 少数
勤務形態
正社員  
勤務地
東京都 23区, 千代田区
最寄駅
山手線、 東京駅
給与
経験考慮の上、応相談
勤務時間
9:30-17:30
休日・休暇
完全週休二日制(土日祝)、年末年始、8月9日(シンガポールナショナルデー)、有給初年度15日、慶弔休暇 他
更新日
2016年12月07日 08:50

応募必要条件

職務経験
3年以上  
キャリアレベル
中途経験者レベル  
英語レベル
ビジネス会話レベル (英語使用比率: 75%程度)  
日本語レベル
ネイティブ  
最終学歴
大学卒: 学士号  
現在のビザ
日本での就労許可が必要です  

募集要項

シンガポール政府観光局(英文名 Singapore Tourism Board)は、シンガポール通商産業省に所属する政府機関の1つです。シンガポール政府は観光を雇用創出と消費拡大が期待できる重要産業の一つとして位置付けています。

私たちシンガポール政府観光局は、シンガポールの経済の主要な産業である観光において、その促進と観光資源の開発に従事し、現在、海外に20の支局と4つのマーケティング・オフィスを持ち、日本においては1973年に東京オフィスを設立しました。

2016年は日本・シンガポール外交関係樹立50周年となる記念すべき年です。

今後もシンガポールと日本がますます良好なパートナーシップを築き、経済成長の重要な鍵である「観光」に特化して成長を日本から支え、経済効果に寄与するという重要な任務を担っています。

――――――――――――――――――――――――――――
アシスタントマネージャー Assistant Manager (マーケティング担当)

――――――――――――――――――――――――――――

世界各国の観光客やビジネスパーソンをシンガポールに誘致するため、シンガポールで国際的なビジネスチャンスを生み出す機会を提供します。観光・ビジネスから始まる誘致が、レジャー・アクティビティ等観光産業全体の発展にも直結し、ひいては国の発展にも寄与していくことになります。

日本支局は、主に日本の旅行業界、企業や学会、業界団体等に向けてアプローチしています。本局及び他支局とも連携しながら、世界から見たシンガポールの魅力を最大化させ、経済活性化に貢献してください。

具体的には・・・
旅行業界・航空業界・各種メディア等と連携し、プロモーションやイベントを発案・実施し、シンガポールをPRします。一般消費者からの問い合わせに対応、メディア・PRプランの立案やその対応、海外修学旅行のプロモーション等。

中には、毎年定例で行っているものもあれば、これから初めて開催するものもあります。また、短期間で企画から実施に至るものもあれば、様々なステークホルダーを巻き込んで数年かけて実現させるものもあります。イベント運営元や参加者を募るなど、関わる人々は多岐にわたります。

スキル・資格

  • 交渉能力
  • リサーチ及び分析能力
  • プレゼンテーションスキル
  • 日本語ネイティブ
  • ビジネスレベル以上の英語力(要 会話力・レポート作成力。 シンガポール本局や他国支局とのやりとりは全て英語)
  • 大卒以上
  • 社会人経験3~4年以上(経験業界/職種不問)

▼求める適性

  • 日英共に高いコミュニケーション能力を備え、新規の顧客を開拓し、既存顧客と良好な関係性を維持できる方
  • 社内外で円滑な人間関係を築ける方
  • 意欲的で行動力のある方
  • 世界中の多様な業界の方々と関わるため、日々新しい世界を知り知識を深めていくことに興味がある方
  • 目先の利益や個人の評価にとらわれず、広い視野で物事を考えられる方
  • シンガポールはもちろんアジア全体、ひいては世界全体の経済状況や流行などを敏感にキャッチアップできる方
  • 長く働ける方(局員の平均勤続年数16.4年)
  • 海外勤務(短期)可能な方


<応募方法/ご選考プロセス>
▼ キャリアクロスレジュメによる書類選考(※ご応募時・スカウトメール返信時に、レジュメ内容を最新にアップデートしてください)
▼和英レジュメ(写貼)、英文エッセイによる書類選考(※ご提出先は、上記選考通過時にご案内いたします)
▼面接3回(日本語1回、英語2回)
▼レファレンスチェック
▼オファー

 

会社概要

シンガポール政府観光局(Singapore Tourism Board)とは、シンガポール政府・通商産業省が、自国の観光客誘致等のために置く政府機関で、シンガポール本局の他、世界主要20ヶ所に支局があり、日本支局はそのうちのひとつです。

1965年のシンガポール国家独立とほぼ同時に設置され、1973年、主要国のひとつとして日本に支局が置かれました。それ以降、シンガポールは日本にとって初めての自由貿易協定締結相手国でもあり、急速な発展とともに経済関係は緊密になっています。

日本支局の役割は主に下記4点です。
-シンガポールへの観光政策の立案・施行
-シンガポールの観光資源開発
-シンガポールへの観光客誘致
-シンガポールでの国際会議、展示会等への日本企業・団体・組織等の誘致

アジアのハブとして「世界一ビジネスのしやすい国」として知られ、成長を続けるシンガポール。米ドル換算の一人当たりGDPは世界7位(2015年)。GDP に占める観光収入の割合は4%で、国別国際会議開催件数は、2011年より3年連続世界1位となっています。

私たちは、シンガポールと日本がますます良好なパートナーシップを築き、経済成長の重要な鍵である「観光」に特化して成長を日本から支えるという重要な任務を担っています。

友達に送る

  

ログイン

新規登録