新規登録・ログインをしてスカウトメールや保存した求人を確認しよう
新規登録・ログインをして求人を探そう
求人ID : 1315447 更新日 : 2022年09月29日
最先端の環境で製品と共に自分も成長し続けていける環境です。

機械設計エンジニア(一部リモートあり/NX、カメラ、モーター経験を最先端の環境で活かす/グローバル)

採用企業 グラビティ株式会社
勤務地 神奈川県, 横浜市西区
雇用形態 正社員
給与 450万円 ~ 600万円

ワークスタイル

リモートワーク・在宅勤務 服装カジュアル

募集要項

【仕事の内容】1,2のいずれかをご担当頂きます。

1,モータ駆動周りのメカ設計(動きものメカ設計)
主にメカ設計の担当。3DCADで実装検討を行い、2D図面の作成、試作品の評価、検証実施。
モータなどの要素部品を評価する治具の設計も依頼。簡単な応力計算もあります。

2,レンズに関する量産サステイン、メカ設計補助
ミラーレスカメラ、デジタルスチルカメラ、カムコーダー向けレンズ鏡筒の量産サステイン、
メカ設計補助業務。量産レンズ鏡筒の環境規制、BCP対応、4M案件などでのレンズの3Dモデル、
現物で検討を行い、2D図面の作成、試作品の評価、検証。
また設計補助として、量産品質改善、レンズ鏡筒に関する3Dモデル作成、2D図面作成、解析、検討業務。

【開発環境】
NX
【プロジェクト体制】
20名前後(協力会社・プロパー含む)
チームワークが良く、難しい案件についてはチーム内で協力して成果につなげています。
助け合う、協力し合うという意識がメンバ間にあることでコミュニケーションも良好です

【英語使用割合】
 読む:30% 書く:30% 聞く:20% 話す:20%

●教育には本気です。
毎年テーマを決めて運営しています。
2020年よりオンライン形式で勉強会進めています。

●オンライン勉強会について
チームごとのスキルアップの取り組みと、会社全体で各メンバがプロジェクトで得た経験やノウハウ、
自分が持っている知識などを共有する機会も設けています。

▼知識共有会で過去各メンバが発表したテーマ
「WebRTC」
「GAN(敵対的生成ネットワーク)」
「統計学について」
「QTアプリケーション開発」
「物体検出アルゴリズムyoloについて」
「Appiumを用いたテスト自動化について」
「エッジコンピューティング」
など

普段触れない技術領域の話や新しい技術知見の話を聞けることで
自分の技術視野が広がること、今の技術を発展させるきっかけづくりなど
メンバにとって様々な気づきなど得られる場になっています。

応募必要条件

職務経験 1年以上
キャリアレベル 中途経験者レベル
英語レベル ビジネス会話レベル (英語使用比率: 25%程度)
日本語レベル ビジネス会話レベル
最終学歴 高等学校卒
現在のビザ 日本での就労許可が必要です

スキル・資格

【必要な資格】
●以下いずれかのご経験
・カメラやレンズなどの3D CAD(NX)によるメカ設計経験
・3DAD使用経験と精密機器の評価/解析/報告まとめ経験
・カメラやレンズ鏡筒に関連製品の立上げや品質改善の経験
※ご経験期間よりご経験内容を重視いたします。

【以下のご経験が活かせます】
・各種カメラ向けレンズ鏡筒の知見
・精密部品の部品測定の経験
・レンズ鏡筒業務経験、光学関連の知識
・材料力学の知見
・3D CAD(NX)の使用経験
・精密機器の評価/解析/報告まとめ経験

■求める人物像 ※以下いずれかにあてはまる方
・最先端の環境で製品とともに自分も成長し続けていきたい
・経験を積んでいくことでキャリアや裁量を広げていきたい
・新しい技術を追い続けていきたい。
・自分の考えやアイデアが活かせた裁量ある仕事をしたい
・小さい頃からモノづくりが好きで、この先ずっとモノづくりを仕事として続きていきたい
・技術の習得はとても楽しいと感じている

【雇用形態】
正社員
・想定年収(給与詳細):450万円〜580万円
・月給制・年俸制

<月給制の場合>
月額28万~38万円
※技術手当、家族手当、インセンティブ含む。
その他残業手当、交通費手当別途支給

【諸手当】
◆技術手当
◆残業手当(実稼働分支給)
◆通勤手当(実費支給)
◆技術手当(月額・1万~19万円)
◆家族手当(配偶者1万円、子5千円)
◆特別手当など

【昇給制度】
◆給与改定年1回

【賞与】
◆賞与年6回(夏季1回、冬季1回、インセンティブ4回)

【勤務時間】              
9:30~18:00(休憩45分)
●月平均残業時間約30H

【福利厚生】
◆各種社会保険完備
健康保険組合:首都圏デジタル産業健康保健組合
◆社員寮完備(家賃補助)
◆慶弔金制度
◆資格取得支援制度
◆健康診断(人間ドック、女性婦人科検診あり)

【休日・休暇】
◆週休2日制(土曜・日曜・祝日)
※年に数回(土曜日)オンライン勉強会あり
◆リフレッシュ休暇(毎年2日~3日付与。自由に休日設定可能)
◆有給奨励日(夏季、年末年始、GW)
◆年次有給
◆慶弔休暇
◆特別休暇
◆裁判員休暇
◆生理休暇

【勤務地詳細】

  • 神奈川県横浜市
    「みなとみらい線「新高島」駅」より徒歩1分もしくは横浜駅徒歩7分

勤務地

  • 神奈川県, 横浜市西区
  • みなとみらい線、 新高島駅

労働条件

雇用形態 正社員
給与 450万円 ~ 600万円
勤務時間 9:00~18:00(休憩60分)
休日・休暇 ◆週休2日制(土曜・日曜・祝日) ※年に数回オンライン勉強会による土曜日出社あり

職種

  • 自動車 > エンジニア
  • 技術(電気・電子・機械他) > CAD、CAE、製図
  • 技術(電気・電子・機械他) > 製品、製造
  • 製造 > エンジニア
採用企業情報

グラビティ株式会社

機械設計エンジニア(一部リモートあり/NX、カメラ、モーター経験を最先端の環境で活かす/グローバル) の求人情報 | 外資系求人・英語を使う転職・就職ならキャリアクロス

会社概要

会社の種類 中小企業 (従業員300名以下)
外国人の割合 外国人 少数

会社説明

グラビティ株式会社は、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い技術力を提供する技術者集団です。
つくる喜びを知る技術集団です。また、とことん工夫する情熱集団でもあります。

■グラビティの強み
組み込みソフトウェア、アプリケーション、システムソリューションなどエッジの開発から
システム全体のコンサルティングまで、エンド to エンドでビジネス課題を解決し技術支援を行っています。

■グラビティの創業経緯
創業は2006年。ハード設計や組み込みソフト開発といったハード系の技術サービスを提供する
会社としてスタートしました。同業の会社にいた、代表の池田が起業。
「大きな組織での開発環境は、大組織の弊害などもあって、技術者が自由に開発だけに
打ち込むということがしづらい部分があった」という技術者が純粋に開発に打ち込めない姿を感じ、
もっと純粋に、ものづくりに誇りを持って仕事をしたいと考え、独立を決意しました。

その初志を胸に会社を起こし、まずは1人単位のお客様先の常駐からスタート。
その後1人がチームになり、クライアントの研究部門や新規開発プロジェクトの依頼を頂くなど、
実績を作り、技術が認められプロジェクトを丸ごと請け負うようにもなりました。
そして自社でものをつくるようになろうというビジョンを持ち、事業範囲を広げてきました。

■グラビティが目指していること
メンバーは総勢77人と決して大きくはない会社ですが、初志に忠実に、自社の製品を出したい。
そんな夢と誇りがベースに流れる会社です。 社員みんなで知恵を出し合い議論して、
それぞれの個性や技術力を適材適所で活かして、総合力で「技術+ビジネス」を提供し続ける
会社であり続けます。
そして、今後も技術者集団として、IoT、AI、モビリティ領域の技術力を強化しながら、事業を拡大していく方針です。

■グラビティの特徴
グラビティは創業以来、技術者一人ひとりのスキルアップこそが事業の強化につながると考え、
手厚いサポートでエンジニアのキャリアアップをサポートしています。
技術マネージャーや営業はもちろんの事、代表自らもエンジニアのフォローを行うほか、
半年に一度実施される上長との面談では、各エンジニアが携わったプロジェクトを
スキルシートに整理することで、今後のキャリアプランの見直しや、
スキルに見合った案件の選定などに活用しています。

プロジェクトの配属においては選考の段階で確定していくことがほとんどであることで
具体的なプロジェクトや業務イメージを持って入社できる安心感があります。
また、入社後プロジェクトが変わる際は、必ず次のプロジェクトがやってみたい業務かどうか
確認するなど、エンジニアの意思を尊重することを最優先に配属検討しています。
エンジニアの意に反する異動や転勤はありません。

2カ月に一度の帰社日には、全従業員が本社に集まり、勉強会や事業方針共有、
交流会などを行う「グラビティ部会」が開かれています。
現在はオンライン部会・勉強会を実施しています。 部会のコンテンツの一つである勉強会は
、毎年テーマや運用方法を変えて運営されています。

現在は、主に3つ。動画研修、技術共有会、チーム勉強会です。これまで行った動画研修は、
「メタバース」「量子コンピューティング」など。
技術共有会では、「「物体検出アルゴリズムyoloについて」、「Appiumを用いたテスト自動化について」、「エッジコンピューティング」などメンバが携わっている技術を発表する場を作っています。
他のメンバがどのような技術経験しているのか、自分の技術視野を広げるきっかけづくりなど、
様々な気づきや学びを得られる場になっています。

過去の勉強会ではIoT、AIをテーマにドローン、Google Home、AIロボットなどを経費で購入し、
新しい技術の社内研究・活用を促す「ものづくり部」や、メンバーがカリキュラムを作成し
社内外講師を招く「技術勉強会」、メンバー全員が各々の資格取得を目指す「資格取得勉強会」が
過去に運営されており、好評だったものは年度終了後も継続して実施されています。