お知らせ
定期メンテナンスのため、2021年04月14日(水)午前6時から8時の間、サイトが使用できなくなります。
求人ID : 1120301 更新日 : 2021年04月07日
宇宙での作業コストを100分の1に下げることを目指す宇宙ロボットスタートアップ!

【東京】組込みエンジニア ※宇宙で働くロボットの制御基板用のソフトウェア開発!※

採用企業 GITAI Japan株式会社
勤務地 東京都 23区, 目黒区
勤務形態 正社員
給与 600万円 ~ 1000万円

募集要項

GITAIは、各宇宙領域で需要のある作業を遂行可能なロボットを実現していくことで、 宇宙での作業コストを100分の1に下げることを目指す宇宙ロボットスタートアップ企業です。

2030年には-
宇宙ステーション船内・船外作業の自動化や軌道上サービス・月面基地開発におけるロボットシステムの開発、世界的な宇宙ロケット開発企業と対等なパートナーとして共に地球低軌道や月の宇宙開発の実行を目標に。

2040年にはー
火星や月に都市を建設したり、宇宙コロニーを建設する安価で安全な労働力を提供を目標にしています。

=======================================
【組込みエンジニア】 宇宙で働くロボットの制御基板用組込みソフトウェア開発
=======================================

宇宙で働くロボットの実現を推進する当社にて、ロボット制御基板用組み込みソフトウェアの開発、宇宙機用ソフトウェア対策(放射線対応,CBCS )デバッガ、ロジックアナライザ等を用いたシステムのデバッグ・評価をお任せします。

  • マイコン(C言語、産業用Ethernet、リアルタイムOS、機能安全を考慮した組み込みソフトウェア開発)
  • FPGA(Verilog, VHDL、高速シリアル通信、デジタルフィルタ設計)
  • Linux(デバイスドライバ、リアルタイムOS)

 【GITAI Japanの魅力とは?】
宇宙×ロボットという最先端の分野に携わる!

近年、宇宙に関係するビジネスやロボットを用いたビジネスは、技術の進化と共に数多くのビジネスチャンスを生み出してきました。その中「宇宙」または「ロボット」というように片方の分野に特化した企業様は、既に多く存在していますが、「宇宙×ロボット」というポイントに焦点を充てた企業は、中々ありません。GITAI Japanは、そんなユニークなビジネスを手掛けている会社です。

◆◇こんなロボットを制作しています◆◇
https://gitai.tech/product/

応募必要条件

職務経験 3年以上
キャリアレベル 中途経験者レベル
英語レベル 日常会話レベル
日本語レベル ネイティブ
最終学歴 高等学校卒
現在のビザ 日本での就労許可が必要です

スキル・資格

【必須経験】

  • C/C++によるプログラミングスキル
  • 組み込みLinuxでの開発経験
  • 電気回路図、システム図、スペックシートを読み、適宜実装に必要な情報を抽出できる
  • 大学卒レベルの基本的なコンピュータアーキテクチャについての理解
  • 基本的なEthernetプロトコルについての理解
  • デジタル信号処理について理解し、フィルタ設計、符号化・復号化処理の実装ができる

【雇用形態】

 正社員

  • 試用期間:6ヶ月(試用期間中の条件変更なし)
  • 月給制:¥500,000~¥900,000/月

【勤務地】

 本社:東京都目黒区目黒2-8-10鏑木ビル2F西側

  • 転勤:当面なし

【就業時間】

  • 所定労働時間8時間
  • 休憩60分
  • 残業なし

【休日休暇】

  • 年間休日123日
  • 週休二日制(土日祝日)
  • 有給休暇(10日~)

【福利厚生】

  • 社会保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
  • 通勤手当(会社規定に基づき支給)
  • 隣接ビルの24時間ジムが使い放題

【選考内容】

  • 面接回数:2~3回(目安)
  • 筆記試験なし

勤務地

  • 東京都 23区, 目黒区
  • 山手線、 目黒駅

労働条件

勤務形態 正社員
給与 600万円 ~ 1000万円
休日・休暇 週休2日制(土日)、夏季休暇、年末年始 等 【年間休日123日】
採用企業情報

GITAI Japan株式会社

【東京】組込みエンジニア ※宇宙で働くロボットの制御基板用のソフトウェア開発!※ - 1120301

会社概要

会社の種類 中小企業 (従業員300名以下)

会社説明

GITAIは宇宙で働くロボットを実現させ、宇宙の作業コストを100分の1に下げることを目指しています。
2040年には火星や月に都市を建設したり、宇宙コロニーを建設する安価で安全な労働力を提供しています。

VISION
宇宙で働くロボットを実現させることで、宇宙の作業コストを100分の1に下げる

PRODUCT

  • G1:宇宙用汎用型作業ロボット

宇宙ステーション船内外や月面基地開発における汎用的な作業を自動化するためのロボットです。

  • S1:宇宙用特化型作業ロボット

宇宙ステーション船内外や軌道上サービス、月面基地開発における特定の作業を自動化するためのロボットです。

  • H1:ロボット操縦システム

宇宙で作業するロボットをオペレーターが地上から遠隔操作する際に使用する操縦システムです。