求人ID : 1040495 更新日 : 2020年10月13日
過去5年間にわたって、資産運用業界の職場ベスト1!

【米系大手資産運用会社】PEファイナンス部門長

勤務地 東京都 23区
勤務形態 正社員
給与 経験考慮の上、応相談

募集要項

●同社のPE商品(ファンド・オブ・ファンズ(FoFs)及び私募ファンド)のファンド会計部門部門として、同時にクライアントサービスとして、顧客に提示している運用報告書に関連した補足、問い合わせに対する対応をしつつ、PEビジネス部門をサポートする部門マネージャーです。
PE商品における口座管理及びファイナンス・サービス業務(各々のファンドのローンチ時期に配当支払い期日を告知、顧客との日々の連絡、自国のファイナンスチームとの相互協力等)を、実行していただきます。

●同社プライベート・エクイティ戦略商品(セパレート・アカウント(FoFs)/合同口ファンド)のファンド会計/財務諸表関連の顧客対応について当社プライベート・エクイティ・ビジネス・チームをサポート。
同社プライベート・エクイティ戦略商品の会計・財務に関する業務(セパレート・アカウント設定時のファンド会計や分配方針に関する顧客質問対応、日々のPE戦略商品の財務・会計に関する問い合わせ対応、現地ファイナンス・チームとの連携等)

同社は、全社員、全スタッフに、平等且つ一切の差別なく就労機会を与える環境を整えています。
同社とその機会均等措置は、社員の人種、信条、出身、宗教、年齢、肌髪の色、性別、兵役中の階級、性的指向、性同一指向、差別を無くし、国籍、兵役減免、環境によって会得した個人的嗜好の全て、法的措置による差別を行わないものです。

応募必要条件

職務経験 3年以上
キャリアレベル エグゼクティブ・経営幹部レベル
英語レベル ビジネス会話レベル
日本語レベル ビジネス会話レベル
最終学歴 大学卒: 学士号
現在のビザ 日本での就労許可が必要です

スキル・資格

・特にファンド・オブ・ファンズ(FoFs)のPEファンドビジネスを、国内外のハウスで就業経験のある方、ファンドコントローラーとしての業務経験、国内機関投資家のインクワイアリ?に十分対応できるレベルの業務経験のある方
・本部のグローバルファイナンスチームとのビジネスコミュニケーションスキル、が必要です。
・国内又は海外の運用会社及びプライベート・エクイティファームにてプライベート・エクイティ戦略(特にファンド・オブ・ファンズ)のファンド会計・財務経験のある方
・国内又は海外のプライベート・エクイティ・ファームでのファンド・コントローラーの経験のある方は優遇いたします。
・国内顧客からの質問対応が出来るプライベート・エクイティ・ファンドに関する会計知識を有する方
・外資・日系不問、但しグローバルのファイナンスチームとスムーズとコミュニケーションを図れるビジネス英語力を含める能力を有する方
・年齢不問ですが、主体的に業務を進められるレベルの同業務経験者
・チームプレイヤーで、コミュニケーションスキルが高い方で、柔軟性とスピード感をもち、プロアクティブに仕事を進めることができる方

勤務地

  • 東京都 23区

労働条件

勤務形態 正社員
給与 経験考慮の上、応相談
勤務時間 8:00AM~5:00PM

採用企業情報

会社の種類 中小企業 (従業員300名以下) - 外資系企業
外国人の割合 外国人 少数
人材紹介企業情報

ニューベリービジネスコンサルティング株式会社

【米系大手資産運用会社】PEファイナンス部門長 - 1040495

会社説明

ニューベリービジネスコンサルティングは、貴方のブランディングをサポートします。

「TED(スーパープレゼンテーション)」(2016年Eテレで毎水曜22:25~22:50放映)の札幌版「TED×Sapporo」が、2014年7月に話題になりました。このTEDの中で、「思いは招く」(株式会社植松電機の植松努専務取締役;2014年7月)というスピーチに立った植松専務は、同テーマで著書も多く、各地での講演もビジネスの一環とされています。
太平洋戦争末期の1945年8月11日から8月25日にかけて、日本とソビエト連邦の間で行われた南樺太戦闘で生き残った祖父母から教えられたことで、北海道の赤平でマグネット工場を起業、同時に宇宙開発において大成功をおさめたことは周知の事実です。「どうせ無理」という言葉は、人の可能性を奪います。興味を持たなくなり、やる前に諦め、考えなくなってしまいます。「だったらこうしてみたら?」という言葉は、人の可能性を広げます。やったことが無いことに挑戦し、あきらめず、より良くを求めるようになります。(植松専務)
 2013年に50歳代のクレジット・セールスの男性を、某外国資本銀行のプロダクト・マーケターに推薦し転職、2015年に87歳後半のトレーダーの女性を、某大手投資銀行のキャピタル・マーケッツに推薦して転職。何れの方も、長い求職生活からの現場復帰でした。長い空白を挟んでの金融業界への復帰も「どうせ無理」と決めつけることが、最も間違った転職です。当社は、「こうしてみては」という言葉で背中をゆっくり押していくビジネスに時間と情熱を傾けています。