Due to scheduled maintenance, CareerCross will be unavailable on Wednesday, August 12th 2020 between 5:00 and 8:00 am JST.
Job ID : 997153 Date Updated : August 11th, 2020
最先端のロボットソリューションで新たなビジネスを切り拓く、急成長中の企業

最先端技術を駆使!物流倉庫・製造ライン構築現場のマネジメント者

Hiring Company MUJIN Inc.
Location Tokyo - 23 Wards, Koto-ku
Job Type Permanent Full-time
Salary Negotiable, based on experience

Job Description

「増える荷物、足りない人手」人材不足が深刻化し、省人化、無人化が急務である物流業界。
弊社はモーションプランニングという技術を用い、扱う対象物や周辺状況が変動するロボットの導入が極めて難しいとされていたピッキング工程の自動(無人)化に成功しました。

ロボットを導入するためには、現状の作業工程にロボットを置き換えるだけでは効果を発揮しません。
こちらのポジションでは、弊社のロボットを導入した物流倉庫・製造ラインが最大限効率良く機能するよう
物流センターの新たな潮流としてのAGV(無人搬送ロボット)と弊社ロボットを連携したソリューションを作り上げていただきます。

<具体的には>
・AGVを含めた弊社が提供するソリューションの工程計画
・AGVベンダーからの調達~施工までのスケジュール管理
・現地調整のリード

【ポジションの魅力】
・AGVを使った最先端の物流倉庫、製造ライン構築現場のマネジメントができます
・幅広い技術の取得ができます
・プロジェクトベースで現場が変わるため、様々な地域で働くことができます

General Requirements

Minimum Experience Level Over 3 years
Career Level Mid Career
Minimum English Level Daily Conversation
Minimum Japanese Level Fluent
Minimum Education Level Bachelor's Degree
Visa Status Permission to work in Japan required

Required Skills

【必須スキル】
安全、順法に関する知見と意識
システムとして複数のベンダーを取りまとめた機器導入の現場施工の管理
機器の設計を理解し、現場に合わせた調整
機械器具設置業に関する豊富な経験(建設業法の管理責任者あるいは専任技術者を見据えて)

【歓迎スキル】
マテハンメーカーの工事部出身者
海外での施工経験あるいは海外からの輸入品の施工経験

Job Location

  • Tokyo - 23 Wards, Koto-ku
  • Yurakucho Line, Tatsumi Station

Work conditions

Job Type Permanent Full-time
Salary Negotiable, based on experience
Hiring Company Information

MUJIN Inc.

最先端技術を駆使!物流倉庫・製造ライン構築現場のマネジメント者 - 997153

Company Description

ロボットの知能化が世界を変える
MUJINは、Dr. ロセン博士が開発し、10年以上にわたり世界中で1000以上ものロボットに適用されてきた、世界一の産業向けモーションプランニングAI技術をもとに、知能ロボットコントローラ「MUJINコントローラ」を中心とする高付加価値自動化ソリューションを提供している会社です。

TEAM
世界中から集ったトップタレントチーム
MUJINは世界のトップエンジニアを中心に構成される、最先端のロボットソリューションで新たなビジネスを切り拓く、急成長中の企業です。カーネギーメロン、スタンフォード、MIT、パリ大学、東京大学、北京大学、清華大学、その他10ヵ国以上から集まった多国籍チームが生み出す高い技術力と、製造・物流のプロによる現場力を融合し、ロボットの可能性を拡大させています。

MESSAGE
人類の生産性向上のために
MUJINは、創業当初から一貫して産業用ロボット分野にぶれずに注力してまいりました。なぜならロボットをより知能的に、より使いやすくするMUJINのティーチレス技術こそがロボットの活用範囲を広げ、市場の拡大、生産現場の生産性や品質の向上、ゆくゆくは日本はじめ先進国がかかえる少子高齢化という問題に対して、必ずや新しい価値を創造すると確信していたからです。