Login or register to see your saved jobs and receive scout emails
Login or register to find a job
Job ID : 1179681 Date Updated : October 20th, 2021
世界9箇所にて開催、最も歴史のあるオークションハウス

SFS管理責任者 【サザビーズファイナンシャルサービス株式会社】貸金業務取扱主任者資格/英語力必須

Hiring Company Sotheby’s Japan
Location Tokyo - 23 Wards, Chiyoda-ku
Job Type Contract
Salary Negotiable, based on experience

Job Description

Job Description:

  • Receive loan requests originating in Japan from clients, specialists, business getters and management
  • Work with SFS New York and London members who will manage the loan origination and underwriting process, including necessary data gathering, due diligence, contract negotiation, internal approvals, funding and collection of the loans
  • Manage ongoing reporting and regulatory requirements for Sotheby’s Financial Services in Japan, including preparation and filing of the Business Report under Japan’s Companies Act and the Business Report (Jigyou Houkoku) and Operation Report (Gyoumu Houkoku) under the Money Lending Business Act
  • Support Sotheby’s Japan staff with regards to SFS
  • Manage all aspects of the SFS office in Tokyo
  • Provide additional non-SFS support to the Sotheby’s Japan team depending on SFS workload and needs of the Tokyo office

 

General Requirements

Minimum Experience Level Over 3 years
Career Level Mid Career
Minimum English Level Business Level
Minimum Japanese Level Native
Minimum Education Level Bachelor's Degree
Visa Status Permission to work in Japan required

Required Skills

<必須スキル>

  • 貸金業務取扱主任者の資格保有者で、金融機関で3年以上の実務経験がある方。

金融業界での知識を活かしながらも美術品などに関われる点が魅力的なポジションです。ロンドンやニューヨークオフィスとのやり取りにて英語を使用します。

Job Location

  • Tokyo - 23 Wards, Chiyoda-ku
  • Hibiya Line, Hibiya Station

Work Conditions

Job Type Contract
Salary Negotiable, based on experience
Hiring Company Information

Sotheby’s Japan

SFS管理責任者 【サザビーズファイナンシャルサービス株式会社】貸金業務取扱主任者資格/英語力必須 Job Information | Work in Japan · Jobs with International Companies · Jobs that Use English · CareerCross

Company Description

 

サザビーズの創業は、1744年にロンドンで書籍の売買をしていたサミュエル・ベーカーが、売主と買主が取引をする場を提供する目的で開催した古書のオークションに端を発します。
1778年にベーカーの甥、ジョン・サザビーが経営を引き継ぎ、古書以外にも絵画、版画、家具、陶磁器と取り扱い分野を増やし、オークションハウスとして確固たる地位を築きました。そして1955年にはニューヨークに初の海外進出を果たし、1964年にサザビーズがアメリカのオークション会社、パーク・バネット社を買収したことにより、世界的な規模で展開するインターナショナルなオークション会社が初めて誕生しました。

以来、コレクターと世界最高レベルの美術品を結びつける役割を果たしてまいりました。

現在、世界40か国に80拠点を有し、香港、ニューヨーク、ロンドンをはじめ世界9箇所にてオークションを催している最も歴史のあるオークションハウスでもあります。
現在、取り扱い分野も50以上に及び、オークションは従来のライブオークションに限らず、オンラインオークションも含めて随時開催されています。それとともに、プライベートセール(相対取引)の占める割合も年々高まっており、同分野では美術品のディーラーとして世界有数の取扱高となっております。

その他にもSotheby’s Financial Services(サザビーズ・ファイナンシャル・サービス)による美術品に特化した包括的金融サービス、並びにアドバイザリー部門による美術品アドバイザリーサービス等、美術品取引以外にも多様なサービスを提供いたしております。