Login or register to see your saved jobs and receive scout emails
Login or register to find a job
Job ID : 1170976 Date Updated : September 23rd, 2021
豊田自動機械の一次サプライヤー・ビザサポートあり

経験不問!DX推進メンバー【製造業でのシステム開発やDX化に興味がある、是非やってみたいと思っている方】

Hiring Company HANDA HEAVY INDUSTRIAL CO.,LTD.
Location Aichi Prefecture, Handa-shi
Job Type Permanent Full-time
Salary 3 million yen ~ Negotiable, based on experience

Job Description

現場のヒアリング・課題抽出、解決方法の立案、仕様検討、ベンダー管理(システム開発・保守)、運用を担当していただきます。
※システムの開発はベンダーに依頼しますので、開発経験がなくても問題ありません。

【募集背景】

DX推進室は2021年4月に新設された部署です。
現在は部長と20~30代の社員2名ですが、社内のDX化を推進スピードを上げるため増員募集いたします。

この後の会社方針としては、自社製品開発など新しい分野にチャレンジしていきたいと考えています。
決められたことをコツコツとできる真面目な社員が多く穏やかな社風ですので、もっとチャレンジ精神のある人材を登用し、新しい流れを作りたいと考えています。
他社で経験を積まれた方にご入社いただくことで、元々の良さである協調性も保ちながら、少しずつチャレンジすることを楽しめる風土にしていきたいと考えています。

年齢・社歴に関わりなく、チャンスがつかめる環境で頑張りたい方にご入社いただきたいと思っています。

【特徴】

  • 豊田自動機械の一次サプライヤーで業績は安定しております。
  • 世界シェア20%のトヨタL&Fのフォークリフトには同社の機械部品が80%使用されております。
  • 正社員の定着率は95.5%で、長く活躍している社員が多いです。
  • 完全週休2日制、年間休日121日とお休みもしっかり取っていただけます。

General Requirements

Minimum Experience Level Over 3 years
Career Level Mid Career
Minimum English Level Basic
Minimum Japanese Level Daily Conversation
Minimum Education Level Bachelor's Degree
Visa Status Permission to work in Japan required

Required Skills

<必要要件>

  • 製造業でのシステム開発やDX化に興味がある、是非やってみたいと思っている方
  • 大卒以上

<歓迎要件>

  • ベンダー管理、プログラミング経験

【勤務地】 愛知県半田市東億田町161番地

  • 転勤無し
  • 車通勤可

【就業時間】

8:00~17:00(フレックス有 ※製造現場に直結する業務の場合は無)

  • 休憩時間:70分(①10:00~10:10 / ②12:10~13:00 / ③15:00~15:10)

【雇用形態】 正社員

  • 試用期間:5か月(試用期間中の待遇は正社員に同じ)
  • 月収:20万円以上
  • 昇給:年1回
  • 賞与:年2回(2020年度:3ヶ月)
  • 退職金あり(勤続5年以上)

 <モデル年収>

  • 30歳(役職なし):400万円(月給20.8万円+残業代8.3万円+賞与50万円)
  • 36歳(役職なし):530万円(月給32.5万円+残業代5.8万円+賞与70万円)
  • 40歳(課長職):580万円(月給37.5万円+賞与130万円)

【休日休暇】 年間休日121日

  • 完全週休二日制
  • 年末年始
  • GW
  • 夏季休暇

【諸手当】

  • 時間外手当(管理職は除く)
  • 通勤手当
  • 家賃補助制度(家賃について5,000円を超える分を会社が補助します。28歳の誕生月まで利用可能です)
  • 住宅手当(世帯主に限る:6,390円。家賃補助制度利用の場合は対象外)
  • 皆勤手当(1,550円)
  • 被服手当(1,550円)
  • 家族手当(配偶者:13,050円、第1子:2,960円、第2子:2,120円、第3子:1,450円、父母・その他家族:1,450円 ※被扶養者2人)
  • 転居サポート
  • ビザサポート

【福利厚生】

  • 各種社会保険:健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
  • 任意労働保険
  • 財形貯蓄
  • 海外研修旅行
  • クラブ活動
  • 親睦会
  • 昼食補助
  • 慰安旅行

【採用フロー】

書類選考→一次選考(面接)→最終選考(SPI・面接)※SPIは最終選考の3日前までにご受験いただきます。

  • 面接官:一次選考:常務・部長、最終選考:社長・専務・常務

Job Location

  • Aichi Prefecture, Handa-shi

Work Conditions

Job Type Permanent Full-time
Salary 3 million yen ~ Negotiable, based on experience
Job Division 営業部・DX推進室【2021年4月に新設部署】
Hiring Company Information

HANDA HEAVY INDUSTRIAL CO.,LTD.

経験不問!DX推進メンバー【製造業でのシステム開発やDX化に興味がある、是非やってみたいと思っている方】 Job Information | Work in Japan · Jobs with International Companies · Jobs that Use English · CareerCross

Company Description

弊社はトヨタグループの考えの根底にある「豊田綱領」の一部をいただいた「社是」を礎に、80年以上にわたり社業を発展させてまいりました。
1937年に創業。1947年に株式会社豊田自動織機との取引を開始して以来、フォークリフト部品と油圧シリンダーの専門メーカーとして、様々な部品・製品を製作しております。

半田重工業がめざしているのは、世界中から人、物、情報が集まるグローバルな企業です。
国に例えるならヨーロッパのルクセンブルグやスイス、アジアであればシンガポールや香港のような国家です。
弊社では、既に多国籍の社員が活躍しています。同時に、大学など外部の研究機関と共同プロジェクトを実施し高度な知識の集積も進めております。

弊社はフォークリフト部品と油圧シリンダーの製造専門メーカーとして長年培ってきたモノづくりの経験やノウハウを活かし、新しいIoTの技術を取り込んだ商品の開発に取り組んでいます。
画像検査装置をはじめとした各種IoT商品の設計~開発で、新しいモノづくりの未来を創造していきます。

【商品について】

  • 画像検査装置:高度な画像処理技術であらゆる欠陥を検出
  • 見える化システム:生産管理のIT化で現場の進捗状況をリアルタイムに可視化ペーパーレスにも貢献します。
  • 稼働率システム:稼働状況の見える化で効率アップ!コストを抑えて工場をIT化。
  • 受注発注業務EDIシステム:情報の一元化で受発注業務を効率化します!
  • 在庫管理システム:複雑な在庫管理をフルデジタル化。スムーズな入出庫で効率アップ。フリーロケーションにも対応
  • 数値解析の受託開発:製品の開発段階における数値解析を油圧分野で培った技術で高速解析します。
  • 油圧シリンダーの開発:油圧シリンダー製造のスペシャリストとしてお客様毎に最適な製品をご提案いたします。

【モノづくりについて】
弊社のモノづくりは「シリンダー事業」「溶接接合事業」「複合加工事業」の3つの事業から成り立っており、主にフォークリフト用の部品や産業車両用の油圧シリンダーの製造を行っています。
最新の自動化設備の導入にくわえて、職人を育成し熟練の技を融合させることにより、多品種少量品でも品質を確保しながら、タイムリーで安価なモノづくりを実現しています。

  • シリンダー事業

フォークリフト、高所作業車、トラクタなどに使用する各種油圧シリンダーの開発設計から加工・組立・塗装まで行っています。

  • 溶接接合事業

熟練された溶接技術と、最先端のFAシステムを駆使して、様々なタイプのフォークリフト用荷役部品を製造しています。

  • 複合加工事業

アルミニウム合金、鉄、鋳物など多種な材質や、複雑な形状の部品を高精度・高速で、加工しています。

  • 熟練の技と自動化の融合

モノづくりの仕組みが大きく変わろうとしている今、弊社では様々なご要望にお応えできるよう、技術者が持つノウハウをICTやIoTで「自動化」し、自動化が難しい精度の高い加工は「熟練の技」を活かすことで、新しいモノづくりを試行錯誤してきました。これにより、多品種で少量の製品でも短納期・高品質な生産を実現しています。
「モノづくりは人づくり」「仕事の質は人から」という考えをベースに人材育成に重点をおき、今後も「熟練の技」と「自動化」を融合した、次世代のモノづくりを創造していきたいと考えます。