Login or register to see your saved jobs and receive scout emails
Login or register to find a job
Job ID : 1153774 Date Updated : October 22nd, 2021
重要プロジェクトにコアプレーヤーとして携わる機会

データエンジニア

Hiring Company 大手小売企業
Location Tokyo - 23 Wards
Job Type Permanent Full-time
Salary 5 million yen ~ 7 million yen

Job Description

 

・データサイエンティストと共にデータ分析環境を整備・維持・改善する

• グループに点在するデータを収集し、分析可能な状態に整備する

• データの一貫性と品質を維持する(データ辞書の構築・維持を含む)

• データウエアハウス・データマートの設計と構築

• データの可視化

• アナリティクス処理のプロセス設計

• アナリティクス PoC 環境構築

• データ処理ツール類の評価・テスト

• その他、上記に付随する業

General Requirements

Minimum Experience Level Over 3 years
Career Level Mid Career
Minimum English Level Daily Conversation
Minimum Japanese Level Native
Minimum Education Level Associate Degree/Diploma
Visa Status Permission to work in Japan required

Required Skills

 

• データエンジニアとしての実務経験 3 年以上

• IT アーキテクチャ設計スキル

• SQL

• 大規模データのハンドリング

• 日本語(ネイティブレベル)

 

資格(歓迎):

• 情報工学・情報科学・計算機科学・物理学・数学・経営工学を専攻(博士/修士/学士)

• コーディング経験(R、Python)

• リテールビジネスの実務経験

• 英語(ビジネスレベル)

• 中国語(ビジネスレベル)

Job Location

  • Tokyo - 23 Wards

Work Conditions

Job Type Permanent Full-time
Salary 5 million yen ~ 7 million yen
Recruiter Company Information

State Line Co.,Ltd

データエンジニア Job Information | Work in Japan · Jobs with International Companies · Jobs that Use English · CareerCross

Company Description

 

 

STATE LINE Co.,Ltd. はエグゼクティブ・サーチを専門とする人材エージェントです。少子高齢化などに伴い、各界のリーディング企業にとっても、新しいマーケットの開拓、海外市場の拡大、また自社の強みを活かした新たな事業の構築などが重要課題となっています。成長企業が展開するビジネスシーンにおいて中核を担う競争力となり改革という価値を付加できる人材こそが今求められています。クライアント企業様の直面するビジネス環境と人材戦略を熟知し、弊社の持つ人材発掘の専門知識を主軸として企業様と候補者様からのニーズに応えていくことでステークホルダーとの信頼関係を構築しています。

信頼関係の構築にあたり「4つの共有財産」というコンセプトワードを設定しています。「4つの共有財産」というキーワードを紐解いた4 つの具体的定義は以下の通りです。

1.Vision
過去の経験やスキルに基づいたCapabilityにHappinessという指標を加えた時にこそ、人生という規模の“夢とVision”のポートフォリオが完成すると考えています。

2.Revolution
世界一高い山はエベレスト、2番目に高い山は記憶に残らないのです。加速的に多様化する今後のビジネス界において、継続的に最高のものを追求し続けるというマインドこそが、トップランナーへと進化するための原動力になると考えています。

3.Globalization
少子化による国内市場の縮小化を見据えたとき、グローバルに通用する優れたものを創り出すことが、世界ビジネスで受け入れられていくための中核を担う競争力となるのです。

4.Partnership
中長期での目線に立って時間軸を共有することができた時、ステークホルダーとしての絆が生まれ、更にはその絆こそが現状という名の限界を突破するための最終解答であると信じています。