Login or register to see your saved jobs and receive scout emails
Login or register to find a job
Job ID : 1106005 Date Updated : July 20th, 2021
ホテルやレストラン等、ホスピタリティ業でのマネージャー経験がある方を募集します!

【長野木曽/ラグジュアリーホテルマネージャー】 地域創生を目指す体験型インバウンド事業の推進をお任せします ※英語必須

Hiring Company Zen Resorts Co.,Ltd
Location Nagano Prefecture, Kiso-gun Nagiso-machi
Job Type Permanent Full-time
Salary 3.5 million yen ~ 5 million yen

Job Description

私たちは、日本の田舎にあえてラグジュアリー・リゾートを作ることで、日本再興/地方再生に挑んでいる会社です。

第一弾プロジェクトとして、長野県の消滅可能性都市である南木曽町に、体験型のラグジュアリーホテル「Zenagi」(2019年4月~)、同敷地内に一般の方もご利用いただけるレストラン「□△○」(2020年6月~)をオープン。
今後2030年までに、日本各地に20箇所以上の日本再興/地方再生の拠点施設を作っていく予定です。

【業務内容】
Zenagiをはじめとする、弊社運営施設においてのマネージメント及びトレーナー職
現場スタッフと共にバトラー業務を行いながら、スタッフの育成・指導、施設管理全般を
行っていただきます。(レストラン業務を含む)

まずは現在運営する施設の運営をお任せしますが、これから新たな施設展開の予定もしているため、
新規施設プロジェクトにも主体的に推進いただきます。

【勤務地】
Zenagi及び新規OPEN施設

  • 住所:〒399-5303 長野県木曽郡南木曽町田立222
  • 最寄り駅:JR東海中央本線 田立駅から徒歩15分
  • マイカー通勤:可(推奨)
    ※当面の間、勤務地はZenagiとなります。

 

【施設紹介】
Zenagiは、ただのホテルではありません。
土地の魅力を深く知ってもらうための“特別な体験”ができる施設となっています。
ホテルは江戸時代の歴史的な古民家を、木曽のアートとクラフトの粋を集めて改修し、まるで美術館に泊まっているかのように。
お食事は、森から届けられる天然のキノコや山菜、熊やイノシシや鹿などのジビエ、里山で作られる完全無農薬の野菜、アルプスの天然水で育まれた川魚など、食を通して土地の豊かさを感じる体験を。そして、お泊りいただくゲストの皆様には必ず木曽地方の伝統文化や暮らし、自然を探検する「Expedition」(探検ツアー)に参加していただいております。
Zenagiはこれらをオールインクルーシブでご提供しているホテルです。

そのため、Zenagiのスタッフは、ホテルマンやガイドではなく、皆がストーリーテラーです。
バトラーがお客様をお部屋に案内する時には、部屋の機能を紹介するのではなく、古民家や家具に詰まっている“物語”をお話ししています。
それは、お料理をサーブする時も、体験ツアーのガイド中も同じです。
わたしたちの役割は、地域に眠っている資源を再発見して、それを深く学び、お客様にストーリーテリングすることにこそあります。
わたしたちはストーリテラーであり、ある種のエンターテイナーでもあります。

この“特別な体験”をオーダーメイドでご提供しているZenagiには、世界中からハイエンドのお客様が訪れています。
ひとつとして同じ旅はない、そのスペシャル感を求めて訪れるお客様に、この土地の素晴らしさ、ホスピタリティを余すところなく感じていただきたい。その思いを持ってお客様をお迎えしています。

 

General Requirements

Minimum Experience Level Over 3 years
Career Level Mid Career
Minimum English Level Business Level
Minimum Japanese Level Fluent
Minimum Education Level High-School or Below
Visa Status Permission to work in Japan required

Required Skills

【必須条件】

  • ホテルなど、ホスピタリティ業でのマネージャー経験がある方
  • レストランでのサービス経験がある方
  • 英語、日本語のスキル
  • 基本的なPC作業
  • 普通自動車免許

【求める人物像】

  • ホテルのコンセプトを理解し、体現できる方
  • 柔軟な対応力
  • 社内だけでなく、地域とのコミュニケーションも取れる
  • 探求心、向上心のある方

【勤務時間】

  • 6:00~22:00の間でシフト制(1カ月の変形労働制による)
  • 時間外労働:有

【勤務体系】

  • 正社員
  • 試用期間:有(3ヵ月)
  • 月給制
  • 昇給:有(査定年1回 昇給については業績による)
  • 賞与:有(業績による)
  • 固定残業代:あり(給与に含む)
  • 休日・休暇:月8~9日、+季節休暇

【福利厚生】

  • 各種保険完備(厚生年金、健康保険、労災保険)
  • 交通費:上限1万円まで支給
  • 制服一部付与

Job Location

  • Nagano Prefecture, Kiso-gun Nagiso-machi
  • Chuo Line 2, Tadachi Station

Work Conditions

Job Type Permanent Full-time
Salary 3.5 million yen ~ 5 million yen
Hiring Company Information

Zen Resorts Co.,Ltd

【長野木曽/ラグジュアリーホテルマネージャー】 地域創生を目指す体験型インバウンド事業の推進をお任せします ※英語必須 Job Information | Work in Japan · Jobs with International Companies · Jobs that Use English · CareerCross

Company Description

日本の田舎をラグジュアリーリゾートに変え、地方再生に挑む仕事です。

MISSION
日本の田舎を、ウェルネスリゾートに変える
田舎には“本物の日本”が残されている
日本人は、その価値を見失いかけている
歴史や文化や自然を再発見し「物語」を紡ぎ
世界に向けて発信する
地方再生を果たす

【業務内容】

  • 地方再生事業
  • 観光開発事業
  • 宿泊/飲食/体験型施設の企画、設計デザイン、運営
  • 体験プログラムの企画、開発、運営
  • 観光イベントの企画、運営
  • 人材育成
  • 研修事業

体験型ホテル「Zenagi」
いま、世界から注目を浴びる中山道の宿場町「妻籠宿」。そこから車ですぐの美しい農村に、2019年4月にオープンしたばかりの"体験型ホテル"「Zenagi」

  • 地方再生のためのホテルで働く

江戸時代に建てられた巨大な古民家を改修し、木曽のクラフトとアートの粋を集めた、全3室のみの「ブティック・ホテル」
和食と洋食のミシュラン星付シェフがプロデュースし、地元食材をふんだんに使った「南木曽スローフード」を提供しています。さらに、地元の歴史や伝統を伝える文化体験や、オリンピック選手が開発したアウトドア体験など、お客様に必ず「体験ツアー」を味わっていただくのが最大の特徴です。

  • 世界と日本をつなげる仕事

お客様の80%が、アメリカやヨーロッパからのインバウンド観光客。それも、富裕層と呼ばれるハイエンドの方々です。日本の歴史や文化をリスペクトし、深く知るためにZenagiを訪れてくださいます。

  • スタッフ全員が「ストーリーテラー」

Zenagiでは東京や京都などの都市型のホテルとは違う、「日本の農村でしか味わえない“特別な体験”」をお客様に提供しています。また、通常のホテルとは違い、スタッフ一人一人が「ストーリーテラー」(語り部)として、ゲストに地域に紐ずいた歴史や文化や自然の”物語”を英語でお話をしていただきます。
仕事場はホテルの中だけではなく、お客様を連れて木曽地方全体を案内していただきます。

  • ここにしかない「スローフード」を作る

料理も、木曽でしかZenagiでしか食べられない「究極のスローフード」を目指しています。
木曽は知られざる天然食材の宝庫です。春には多種多様な「山菜」が、秋には松茸などの「キノコ」が森から届けられます。ジビエのレベルも日本屈指。豊かな森で生きる「熊」や「イノシシ」の肉の旨味は、他の肉とは比べようがありません。さらに、山の中にもかかわらず魚が豊富。アルプスの天然水で育てた「信州サーモン」「雪鱒」「日本ナマズ」は、まさにここでしか食べられない味です。

  • ​ミシュラン・スターとの共演

料理をプロデュースするのは、和と洋のミシュラン・スターシェフたち。
銀座「うち山」の内山英仁氏と、イタリア・シチリアの「ByeByeBlues」のパトリツィア・ベネディクト氏。さらに、総料理長の福岡栄二は、東京の一流ホテルで30年間にわたり和食の真髄に迫ってきた板前だ。
レストラン部門では、こうした凄腕のシェフたちと切磋琢磨しながら、日々新しい料理を創造していく。