Job ID : 1104170 Date Updated : March 2nd, 2021
A leading international tobacco company

Data Privacy Lead 【Tokyo, Japan】

Hiring Company Philip Morris Japan KK
Location Tokyo - 23 Wards
Job Type Permanent Full-time
Salary Negotiable, based on experience

Job Description

 

Philip Morris International: Building a Smoke-Free Future

Philip Morris International (PMI) is leading a transformation in the tobacco industry to create a smoke-free future and ultimately replace cigarettes to the benefit of adults who would otherwise continue to smoke, society, the company and PMI’s shareholders. PMI is a leading international tobacco company engaged in the manufacture and sale of cigarettes, smoke-free products and associated electronic devices and accessories, and other nicotine containing products in markets outside the U.S. 

PMI is building a future on a new category of smoke-free products that, while not risk-free, are a much better choice than continuing to smoke. Through multidisciplinary capabilities in product development, state-of-the-art facilities and scientific substantiation, PMI aims to ensure that its smoke-free products meet adult consumer preferences and rigorous regulatory requirements.

Be part of the biggest transformation in the history of our company.

The Team

Like many businesses, we are processing ever increasing volumes of personal data, whether that’s related to consumers, employees or others. Maintaining compliance with data protection laws around the world (including the EU’s General Data Protection Regulation and Japan’s Act on the Protection of Personal Information) is essential.

To respond to the challenges of the dynamic global data protection environment, we have been expanding our Global Privacy Program (GPP) to include a global team of full-time Data Privacy Leads covering all our markets.

The Role

Data Privacy Leads (DPLs) play a critical role by driving the execution of the GPP and coordinating how privacy is embedded in the operations of PMI affiliates, with the guidance and support of our central GPP team.

The position based in Tokyo will cover our Japanese market - one of our largest and most dynamic and challenging markets globally – as well as a number of other key Asia markets.

Responsibilities:

The Data Privacy Lead will drive the execution of privacy processes, coordinate the embedding of data privacy into the relevant operations across the affiliates and ensure that the affiliates have complete and up-to-date records necessary to demonstrate consistency with GPP and compliance with the applicable privacy laws..

This means that the DPL’s responsibilities include the following:

  • Maintain an inventory of all affiliate activities involving the processing of personal data
  • Facilitate and oversee the performing of Data Protection Impact Assessments (DPIAs) for all new personal data processing activities or significant changes to existing ones
  • Facilitate and oversee the documentation of key data transfers
  • Plan and oversee the delivery of data privacy awareness and training in a risk-based manner
  • Contribute to the correct and timely handling of potential personal data breaches
  • Manage the handling of non-routine data subject requests (e.g. privacy related complaints from individuals) and monitor the handling of routine data subject requests to ensure correct and timely responses
  • Help, in liaison with the Law Department, managing the handling of requests from data protection authorities to ensure correct and timely responses
  • Monitor compliance with privacy obligations and GPP requirements and track the execution of necessary actions, including through the timely performance of, and follow-through on, accurate and high-quality Privacy Compliance Assessments (PCAs) performed in prioritized, risk-driven manner
  • Together with the Law Department, provide guidance on privacy matters as well as remain aware of and anticipate relevant developments in privacy legislation
  • Provide regular updates on the status and progress of the GPP to management and other stakeholders and promptly escalate on privacy issues as necessary.

Major Challenges:

  • Instilling a culture of privacy across affiliates in his/her scope, including engaging with and motivating diverse stakeholders at all levels.
  • Staying aware of initiatives involving personal data processing across affiliates in order to ensure privacy measures are triggered appropriately.
  • Balancing business objectives (which may increasingly seek to use personal data) with the interests and rights of individuals to find mutually advantageous solutions.
  • Accurately understanding and capturing the level of compliance with data protection expectations and driving appropriately prioritized actions to drive gaps to closure.
  • Reconciling local legal requirements with the requirements driven by GPP to ensure both are met in the most efficient manner.
  • Responding quickly and correctly in case of potential personal data breaches and non-routine requests from individuals.

General Requirements

Minimum Experience Level Over 3 years
Career Level Mid Career
Minimum English Level Business Level
Minimum Japanese Level Native
Minimum Education Level Bachelor's Degree
Visa Status Permission to work in Japan required

Required Skills

 

Skills & experience:

Education:

Bachelor or Master degree, typically in Business Administration, Economics, Engineering, Information Technology or Law – a law degree and/or deep expertise in privacy jurisprudence is not a pre-requisite for the position.

Beneficial work experience:

  • Some years in an audit, controlling, compliance, legal/paralegal, IT or consulting function
  • Multi-year experience working in a multinational business environment
  • Prior experience to areas such as audit/control, data protection/privacy, system/data security, risk management

Technical know-how & qualifications:

  • Sound understanding of data privacy principles and concepts
  • Ability to quickly acquire knowledge of GPP processes, templates and registers
  • Fluent in Japanese and English, both written and spoken
  • Good understanding of information technology

Competencies:

  • Curiosity and ability to learn, a positive attitude, and a pragmatic approach to find practical solutions to often complex questions
  • Good project management and cross-departmental engagement and coordination skills - to drive and coordinate activities across multiple affiliates
  • Strong analytical skills to identify/document issues and prioritize pragmatic actions that effectively solve privacy improvement needs
  • Good written and verbal communications skills - to train others on privacy processes and practices and to communicate to, and influence, diverse stakeholders on privacy progress
  • Record-keeping, to ensure timely, accurate and complete privacy records are present in the central GPP registers

Job Location

  • Tokyo - 23 Wards

Work conditions

Job Type Permanent Full-time
Salary Negotiable, based on experience
Hiring Company Information

Philip Morris Japan KK

Data Privacy Lead 【Tokyo, Japan】 - 1104170

Company Description

 

 

フィリップ モリス ジャパンは、米国を除く世界各国でたばこ事業を展開する世界屈指のたばこ会社であるフィリップ モリス インターナショナルの日本法人です。

全世界で売上No.1を誇るマールボロをはじめ、ラーク、パーラメント、バージニア・エスといった、フィリップ モリス社製品のマーケティングおよび販売促進活動を行っています。
フィリップ モリス ジャパンは1985年に日本で営業を開始して以来、着実に成長を遂げ、今日、全国に約1,900人の従業員を擁し、日本のたばこ市場で約34.5%のシェアを有する日本第2位のたばこ会社となっています(2019年末現在)。

【ビジョン】
「煙のない社会」の実現にむけて
私たちのビジョンは、紙巻たばこすべてを煙の出ない製品に切替えていくことです。

紙巻たばこの喫煙者の多くが喫煙の満足感を得られる害の少ない製品を求めています。
そこで、私たちは喫煙を続ける成人喫煙者の方々に新たな選択肢を提供していきたいと考えています。
社会が私たちに期待することは、たばこの煙のない社会の実現です。
当社では、社員一丸となって、煙を出さずに楽しむことのできる革新的な製品を開発してきました。すでに世界中で900万人以上の成人喫煙者の方に紙巻たばこから、この革新的な製品に切替えて頂いています。当社が想い描く将来を象徴する製品を育てていくために、今後も私たちは研究開発に投資していきます。

【たばこ製品】

  • ブランド

フィリップ モリス ジャパンはフィリップ モリス インターナショナルの強力なブランドポートフォリオから、マールボロ、ラーク、パーラメント、バージニア・エスの4ブランド・ファミリーの製品を日本で展開しています。またIQOS(アイコス)専用のたばこスティックはマールボロ製品として販売しています。

  • 煙の出ない(スモークフリー)製品

私たちは、ニコチンを含み、紙巻たばこのように有害な煙を出さずに、喫煙の満足感を得られる製品の開発を行っています。2008年以降、30億米ドル以上を投資し、400人を超える科学者、エンジニア、技術者を雇用してきました。加熱式たばこ製品も紙巻たばこの代替製品として有望な製品です。当社はこのカテゴリーで、IQOS (アイコス) というたばこ製品の販売を開始しています。

【サイエンスとイノベーション】
私たちは、紙巻たばこのように有害な煙を出すことなく、しかしニコチンは含み、満足感を提供できる製品の開発を行っています。2008年以降、30億米ドル以上を投資し、400人を超える世界トップクラスの科学者、エンジニア、技術者を雇用してきました。すでに200万人以上の成人喫煙者が、煙の出ない(スモークフリー)製品に切替えています。

フィリップ モリス インターナショナル(PMI)が目指していること。
それは、数億人にも上る成人喫煙者にできるだけ早く、より害の少ない製品に切替えてもらうことです。
新たに開発されたこの革新的な製品は、成人喫煙者のために開発されたものであり、たばこを吸わない方や、喫煙をやめた方のためのものでは決してありません。

  • 最先端の科学的な研究開発

PMIの研究開発センターは、世界中の成人喫煙者が満足でき、かつ紙巻たばこより害の少ない 製品の開発に力を注いでいます。私たちは、高い科学的な評価基準を設定し、外部評価も取り入れ、厳格な評価プログラムに従って、研究開発を進めています。

  • 成人喫煙者のための革新的な製品

PMIは紙巻たばこの代替品となる、革新的な製品の開発を続けています。
たばこ葉を燃やさず、味わい豊かで満足感のあるニコチンを含むベイパー(蒸気)を発生させる技術を応用しています。煙は発生しません。
当社は成人喫煙者に、魅力を感じ切替えていただくため、このような革新的な製品を開発しています。

  • 公衆衛生の観点からのアプローチ

世界保健機関(WHO)によると、禁煙キャンペーンを進めていても、2025年における喫煙者は10億人以上に上ると推定されています。
喫煙の悪影響(害)を避けるための最良の方法は禁煙ですが、紙巻たばこに替わる製品を提供することは公衆衛生上、大きな意義があるとPMIは考えています。
成人喫煙者のために、紙巻たばこと同じような満足感が得られ、かつ害の少ない代替品の開発に、大きな投資を行っているのはそのためです。

【サステナビリティ】

サステイナブルな未来に向けて

私たちの真のサステナビリティは、自社製品の健康への悪影響に対処することから始まります。これは、何よりもまず、紙巻たばこに代わる害の少ない代替品を開発・市販化し、同時に、事業とバリューチェーン全般における社会や環境への影響を管理することを意味しています。

禁煙することが一番良い手段ではあるものの、私たちは今後も喫煙をやめる意思のない成人喫煙者に、喫煙と比較して害の少ない代替品を提供し、できるだけ早く紙巻たばこの販売をやめ、煙のない社会を実現することを目指しています。フィリップ モリス ジャパン(PMJ、当社)が加熱式たばこの販売を開始した2014年の時点で、当社の売り上げに占める加熱式たばこの割合はほぼ0%でしたが、2018年には50%以上を占めるまでに成長しました。

加熱式たばこ市場が拡大する日本において、当社に向けられた社会の期待と当社のフットプリントを検討し、フィリップ モリス インターナショナル(PMI)が定める4つの柱にそって、PMJの優先課題を以下の通り決定しました。

  • 事業変革

私たちが社会に最も大きなインパクトをもたらすことができるとしたら、それは、紙巻たばこの喫煙と比較してより良い選択肢に置き換えることでしょう。煙の出ない製品を開発・市販化し、それが社会の期待に沿うものになるように目指しています。

  • 公正な事業慣行

事業の在り方やバリューチェーン全体を通して責任のあるビジネスを貫徹することは、長期的な成功に不可欠だと考えています。

  • 人と地域への貢献

長期的な成功には、社会的影響を社内外で継続的に改善することが必要とされます。こうした事業運営を実現するためには、従業員にとって安全、公正、かつインクルーシブで多様な労働環境を促進すること、たばこ葉の調達先である農場とサプライチェーン全般の労働条件を改善することが基礎となります。

  • 環境負荷低減の取り組み

環境負荷低減に最大限貢献できるよう、日々の業務改善に取り組んでいます。PMIが生み出す環境負荷の大半は、たばこ葉の栽培・乾燥や使用済み製品の廃棄物から発生するものです。このため、たばこ農家、サプライヤー、販売店、市民団体、そして政府との協力が、当社が推進する環境プログラムの成功の鍵を握ります。