Job ID : 1066250 Date Updated : October 19th, 2020
〜水の総合コンサルタントのパイオニア/英語力が活かせます〜

海外法務担当/Legal ネイティブレベルの英語力必須!!

Hiring Company 株式会社日水コン
Location Tokyo - 23 Wards, Shinjuku-ku
Job Type Permanent Full-time
Salary 6 million yen ~ Negotiable, based on experience

Job Description

職務内容

【具体的には】

  • 契約書(契約合意書、1987年度版FIDICとその特別条件、スペック、BOQ序文など)に基づく、請負者および発注者(クライアント)へのOutgoingレター(英文)のドラフトの作成や現場エンジニアが作成したドラフトの修正。
  • 請負者および発注者(クライアント)からのIncomingレター(英文)への法務意見書作成(適宜、適時)。
  • 請負者および発注者との公式会議での法務意見の開陳(英語)。
  • クライアントとの会議での法務意見の開陳(英語)。
  • エンジニア(コンサル)担当者からの口頭またはメールでの契約や現地法に関する質問への回答(英語、英文)。
  • その他契約書、現地法(民法、建設法およびそれらの付属法令規則)の解説や法務意見書の作成など。

なお、これらの業務を毎日独自の判断で(他の人の補助や助言によることなく)、かつ自己の業務責任で、迅速に(当日中に)行う。

請負者(6JV)が施工する日本のODA(下水改良)工事の施工管理のうち、契約管理業務を東京本社で行っていただき、必要に応じて担当していただく現地にご出張いただきます。

 

【日水コンの特徴】

~水の総合コンサルタントのパイオニア~

水分野ならではの特徴と水インフラ整備に専門特化したコンサルタントとして業界をリードするリーディング・カンパニー

【日水コンの海外ビジネスについて】

国内の上下水道事業は一定の普及が進捗し、改築更新や機能向上、運営改善の時代を迎えていますが、世界では急激な人口増加と経済発展等により、水不足や水資源問題が深刻化かつ多様化してきています。今後アジア、アフリカなどの新興国においての水需要は急速に高まり、水ビジネスは極めて大きな市場になります。先進国と言われる日本で培った経験は、新興国においても必ずや役立つものと考えています。日水コンの海外業務は日本のODA関連が中心ですが、今後はこのような世界情勢を踏まえ、国内で蓄積した高い技術、技術分野の拡大と社内体制の強化、更には国内の事業体との連携や他の民間企業との協業を図り、世界のあらゆる地域に質の高い水インフラ事業を提供できるよう顧客領域、業務領域の拡大に取り組んでいきます。
 

【働き方】

働き方改革に意欲的に取り組んでいます。「仕事とプライベートをバランスよく両立するメリハリある働き方」をめざして、会社を挙げて残業時間を削減。また、126日の公休と有給休暇の合計で年間最大141日以上休むことが可能です。さらに社員が自由闊達に働けるよう、オフィスのフリーアドレス化を進めています。このように、働きやすい環境づくりに力を入れております。

General Requirements

Minimum Experience Level Over 3 years
Career Level Mid Career
Minimum English Level Business Level
Minimum Japanese Level Business Level
Minimum Education Level Bachelor's Degree
Visa Status Permission to work in Japan required

Required Skills

必要業務経験

■応募条件

・契約とは(法的に)何かや、(少なくとも日本の)民法の内容を熟知していること。

※できればベトナム建設法などの現地法を英文で読み理解できることが必要となる。そのため法学知識や弁証法的思考を有する者が求められ、(日本または外国の)大学法学部(外国の場合ロースクールかLL.M)出身が必須。

・ネイティブレベルの英語力

※具体的かつ論理的な表現で(抽象的、非論理的かつ非文法的な日本人英語は不可)の書けることが必須。読み、聞き、話す力も必要。すくなくとも英検1級およびTOEIC900以上。その他の英語検定1級(最上級)に加え、その他英語国の外国籍人、帰国子女、海外ロースクールかLL.M卒業者が望ましい。

・海外(特に東南アジア)での工事関連の契約管理(ゼネコンやコンサル)の実務経験が少なくとも5年以上、できれば10年以上(助手や研修での経験は除きます)。

 

その他の必要資質

・観念的抽象的な結論だけの法学・法律論ではなく、具体的な契約条件(規定)に基づく法論理的(弁証法的)思考ができること。具体的には、懸案となっている事実を客観的に把握でき、その事実に理由を明示して具体的な契約条件を適用でき、かつ結論を導き出せること。またそれを英文で法務意見書を作成できること。

・迅速かつ簡潔明瞭な書類作成能力と事務処理能力。

・自己の業務以外でのコミュニケーションの能力(英語)。挨拶、気配り、助け合いが自然にできるなど、常識人であること。

・金銭的に公明正大であること。

・その他、ホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)などを会社利益の立場から自主的に率先して行うなど、会社人としての常識があること。

 

給与
<予定年収>
600万円~(残業手当:有)   ※ご経験・前年収等考慮の上、ご相談させていただきます

<月給>
300,000円~
基本給:300,000円~

<賃金形態>
月給制

<昇給有無>


<給与補足>
※給与詳細は、経験・年齢・能力を考慮のうえ、当社規程により決定します。
■賞与:年2回(6・12月)※実績に応じて支給

予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
月給は固定手当を含めた表記です。

 

待遇・福利厚生
通勤手当、住居手当、寮社宅、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、厚生年金基金、退職金制度

<待遇・福利厚生補足>
通勤手当:補足事項なし
住居手当:補足事項なし
寮社宅:独身職員用住宅あり
社会保険:補足事項なし
厚生年金基金:補足事項なし
退職金制度:補足事項なし(定年:60歳)

<教育制度・資格補助補足>
入社時研修、管理職研修、部門別技術研修 等

<その他補足>
■定期健診
■貸付金制度
■住宅利子補給制度
■財形貯蓄制度
■選択性福利厚生制度
■クラブ活動
■日水コン労働組合加入
■育児休業、介護休業 他

<休日・休暇>
完全週休2日制(かつ土日祝日)
有給休暇15日~25日
休日日数126日

年末年始、創立記念日(5月25日)、有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、他

Job Location

  • Tokyo - 23 Wards, Shinjuku-ku
  • Toei Oedo Line, Tochomae Station

Work conditions

Job Type Permanent Full-time
Salary 6 million yen ~ Negotiable, based on experience
Work Hours 9:30〜17:30(所定労働時間:7時間0分) 休憩時間60分 時間外労働:有 残業時間は年平均35時間程度
Holidays 休日・休暇 完全週休2日制(かつ土日祝日) 有給休暇15日~25日 休日日数126日 年末年始、創立記念日(5月25日)、有給
Hiring Company Information

Nihon Suido Consultants Co., Ltd.

海外法務担当/Legal ネイティブレベルの英語力必須!! - 1066250

Company Description

日水コンは、1959年の創業以来、水の総合コンサルタントのパイオニアとして邁進してまいりました。水道事業、下水道事業に基盤を置き、更に多くの方にお喜びいただけるよう総合的水ビジネス企業として努力を続けてまいります。

日水コンという会社
当社は創業以来、上下水道を主体とした水コンサルタントとして、常に業界をリードしてきたと自負しています。創業時代は、上下水道の普及整備に伴う設計・工事監理が中心でしたが、その後時代の要請に併せて、調査・計画業務、診断業務、情報システムなど新しい分野へと業務領域を拡大してきました。最近では官民連携(PPP)のアドバイザリー、経営戦略、料金改定など、事業運営の領域にも巾を拡げています


コンサルタントという仕事
コンサルタントとは、「相談する人」、「座して議論し共感を得る人」が語源で、その本質は、「共に問題を解決する」ことにあります。与えられた問題を解くことではありません。問題を定義し、解決案を企画し、クライアントとの合意形成を図ることです。そして、コンサルタントの仕事の価値は、解決した問題・課題の大きさや重さにあると思っています。いま、水インフラが抱える問題・課題、これに果敢に挑戦し、解決していくこと、これが我々を成長させる原動力です。