Job ID : 1040472 Date Updated : October 22nd, 2020
バルジブラケット金融グループのフランチャイズを生かし、キャリアアップ!

【メガバンク系金融機関】投資マネジメント部 事業投資審査 リスクマネジメント担当

Location Tokyo - 23 Wards
Job Type Permanent Full-time
Salary Negotiable, based on experience

Job Description

・プロジェクト投資および、M&A案件の審査(DDプロセスにおける各種リスク項目や論点の抽出、DD結果及びValuationの妥当性検証等を含む)
・期中モニタリング内容の検証、およびExit判断
・リスクマネジメント態勢高度化に向けた各種企画業務 (3)詳細
プロジェクト投資種類、投資分野等は下記の通り。下記の何れかの分野の審査及び期中モニタリング業務を担当
・プロジェクト投資:海外インフラ、国内・海外再生可能エネルギー、不動産等
・M&A案件:国内、海外リースファイナンス事業および関連事業等
上記以外:ベンチャー投資、LP投資等

同社はアジア・米州、欧州に展開するグローバルネットワークを活用し、お客さまの海外進出や海外での事業展開に対して、設備投資のファイナンスサービスから資産管理、環境・エネルギー関連サービスまで、各国の法令を遵守した最適なサービスを提供しています。

General Requirements

Minimum Experience Level Over 3 years
Career Level Mid Career
Minimum English Level Business Level
Minimum Japanese Level Business Level
Minimum Education Level Bachelor's Degree
Visa Status Permission to work in Japan required

Required Skills

・海外投資・M&A案件エクセキューション経験、もしくは投資判断のご経験を有する方
・投資案件の期中管理、Exit経験あれば尚可
・ビジネスレベルの英語力(TOEIC800点レベル)。英語でのコミュニケーションが図れ、各種ドキュメンテーション能力を有する方
・組織の成長を推進したい方
・コミュニケーション能力の高い方

Job Location

  • Tokyo - 23 Wards

Work conditions

Job Type Permanent Full-time
Salary Negotiable, based on experience
Work Hours 9:00~17:30 (標準労働時間)
Holidays 完全週休2日制、年末年始休暇、特別休暇(結婚、出産、看護、療養、忌引等)※年次有給休暇を取得
Recruiter Company Information

NewBury Business Consulting

【メガバンク系金融機関】投資マネジメント部 事業投資審査 リスクマネジメント担当 - 1040472

Company Description

At Newbury Business Consulting, our top priority is to assist our individual clients (or “candidates”) to achieve paramount career advancement. Our goal is to provide our individual clients with the appropriate consultation services. By integrating personal needs with business strategies NBC makes our clients’ success a certainty.

In the recruitment process, we handle our candidates' resumes and information with the utmost care. We also execute a thorough pre-screening process of our individual clients before introducing them to our corporate clients.

ニューベリービジネスコンサルティングは、貴方のブランディングをサポートします。

「TED(スーパープレゼンテーション)」(2016年Eテレで毎水曜22:25~22:50放映)の札幌版「TED×Sapporo」が、2014年7月に話題になりました。このTEDの中で、「思いは招く」(株式会社植松電機の植松努専務取締役;2014年7月)というスピーチに立った植松専務は、同テーマで著書も多く、各地での講演もビジネスの一環とされています。
太平洋戦争末期の1945年8月11日から8月25日にかけて、日本とソビエト連邦の間で行われた南樺太戦闘で生き残った祖父母から教えられたことで、北海道の赤平でマグネット工場を起業、同時に宇宙開発において大成功をおさめたことは周知の事実です。「どうせ無理」という言葉は、人の可能性を奪います。興味を持たなくなり、やる前に諦め、考えなくなってしまいます。「だったらこうしてみたら?」という言葉は、人の可能性を広げます。やったことが無いことに挑戦し、あきらめず、より良くを求めるようになります。(植松専務)
 2013年に50歳代のクレジット・セールスの男性を、某外国資本銀行のプロダクト・マーケターに推薦し転職、2015年に64歳後半のトレーダーの女性を、某大手投資銀行のキャピタル・マーケッツに推薦して転職。何れの方も、長い求職生活からの現場復帰でした。長い空白を挟んでの金融業界への復帰も「どうせ無理」と決めつけることが、最も間違った転職です。当社は、「こうしてみては」という言葉で背中をゆっくり押していくビジネスに時間と情熱を傾けています。