ペンタセキュリティシステムズ株式会社 - 注目企業記事

基盤技術で次世代のITセキュリティ・マーケットをリード

ペンタセキュリティは、韓国ソウルの本社を開発拠点(R&D)としたITセキュリティの専門企業です。日本法人(2009年設立)に始まり、現在、アメリカ合衆国、シンガポール、中国、台湾、タイ、UAE、マレーシア、インドネシア、イタリア、ウクライナ等、世界各国に、弊社が保有するテクノロジーをベースにビジネスをグローバル展開しています。
 Internetにおいて、あらゆる人々がつながる時代を経て、その発展は留まることを知らず、あらゆるモノ(IoT)や自動車(Connected Car)へと拡大し、新たなビジネスの創出(DX/Blockchain)へと拡大しています。それらの発展のどの領域においても、セキュリティは最重要課題とされており、弊社は、世界初の特許技術を取り入れた製品を継続的に開発し、来たるコネクティド時代に価値あるソリューションを提供することを使命としています。


Secure First, Then Connect 

セキュリティから始まる。そしてつなぐ。

「Secure First,Then Connect」
これは、ペンタセキュリティが示す未来図です。一般の人々がセキュリティについての知識を持たず、セキュリティは “何かを防ぐため” の制限的な概念だった1997年の創業当時から、ペンタセキュリティは、情報を自由に共有できる開かれた社会の到来を予期し、社会から求められるセキュリティについて構想して来ました。

Webセキュリティ、データセキュリティ、認証セキュリティ、―ITセキュリティの基盤技術への研究・開発に投資を行い、WAPPLES(ワップル)、D’Amo(ディアモ)、ISign+(アイサインプラス)という世界で活用される製品を生み出し、ITセキュリティ・マーケットでの確固たる評価を獲得しています。
 設立から20年以上経った現在、セキュリティは、PCやサーバというITのカテゴリに留まらず、都市、住宅、電力、工場、自動車……と社会のあらゆる単位で必要とされています。それは、安全が担保された状態でつなぐ、といった在り方そのものが社会から求められ始めています。ペンタセキュリティでは、これまで自社開発したセキュリティ基盤技術を活用し、時代に即したセキュリティを、率先して企画・立案し、また社会へ還元して来ました。現在、先端とされるIoTや自動車セキュリティ、ブロックチェーンにおいても、既にソリューションを開発し、実証実験やモデルケースを創出しています。
 ITセキュリティ市場において第一人者であるという自負を持つペンタセキュリティは、次世代のセキュリティビジョンを具現化し、そして、世界のIT基盤に弊社のテクノロジーを持って、安全・安心を提供することに邁進しています。

ITセキュリティで日本マーケットを先導するメンバーを募集

ペンタセキュリティ日本法人は、日本市場において、各企業・団体様向けのWebセキュリティ製品及びクラウド型セキュリティ・サービスの販売を、パートナ各社様と共に行っております。グローバルで実績を積み上げている弊社独自のセキュリティ製品とサービスで、日本のITセキュリティ・マーケットを先導して頂くメンバーを募集しています。

日本のお客様のセキュリティ・ニーズに応えるため、弊社の積み上げたコア技術と製品、サービスと共に、パートナービジネスを創出できる提案力を求めています。

日本のITマーケットを切り開きたい方、先端テクノロジーと共にビジネスを創りたい方、さらなる高みを目指し、将来の専門性のあるキャリアを作りたい方、ぜひお声おかけ下さい。弊社では、メンバー個々のビジョンと会社のビジョンの接点を導き出した上で、自ら主体的に考えトライすることを、最も価値あるものとして考えています。