Ipsos in Japan - 注目企業記事

Ipsosのご紹介

Ipsosは、世界第3位の規模を誇るグロ―バル市場調査会社です。パリに本社を構え、日本を含め、世界88カ国に支社があります。1975年創業以来、40年以上に渡り一貫して市場調査のプロフェッショナルによる経営を守り続けています。

Ipsosグループの日本支社として二つの法人があり、世界をリードするマーケティングリサーチをお届けしています。

  • イプソス株式会社
  • イプソスヘルスケアジャパンリミテッド

我々のミッションは、クライアントの皆様に成功をもたらすために、戦略パートナーとして、日本の、そして世界各国の消費者および市場のインサイトを伝えるこです。 我々の持つ高品質なリサーチ技術とグローバルネットワークを活かし、以下の分野に特化したサービスをご提供しています。

  •  マーケティング調査
  •  広告調査
  •  ロイヤリティ調査 (顧客管理・満足度調査)
  •  メディアコンテンツ・テクノロジー調査
  •  公共意識調査 (世論調査)
  •  ヘルスケア分野 カスタム調査/シンジケート調査

Ipsosの特徴

クライアントは消費財、メディア、食品・飲料を中心に、自動車、金融、エンタテインメントなど幅広い業界に渡ります。いずれも各業界のトッププレイヤーであり、これらのクライアントの広告戦略、ブランド戦略、製品・価格戦略、ロイヤリティ構築等のテーマに沿って、リサーチを提供しています。

世界89ヶ国に広がるIpsosグローバルより導入したさまざまなテクニックを駆使し、常に世界最新の手法で調査を実施。 グローバル化するクライアントのニーズに応え、調査は海外実施にも及びます。Ipsosネットワークを駆使し、現地との綿密なコミュニケーションを通して、調査を行っています。

また自社ファシリティとして、東京(中目黒)および大阪にJ-ファシリティ「リテールラボ」を設置。 『入念なマーケティングを行なったにも関わらず、発売した製品が売れない』というリスクを回避するための模擬店舗で、POP、配置、関連陳列、パッケージ等の調査を行なうことができます。ラボ内にはテレビカメラを設置し、モニタールームで観察することが可能。売り場で何が起きているのかを確実に把握することができると評判で、高い稼働率を誇る施設となっています。

社風について

社員一人ひとりがスペシャリストとして高度な専門性とスキルを持ち、クライアントから高い評価と信頼を獲得しています。

社内研修、Regional Training等、リサーチスキルアップ研修を含め数々の研修機会を提供し、リサーチャーの能力の向上と従業員の福利厚生の改善をはかっています。「イプソストレーニングセンター」ではEラーニングやWebinerなど200弱のコースを自由に受講することができ、これらの学習環境を利用してスキルアップを目指すことができます。 成長のスピードは実力次第で、社歴や年齢に関係なく上のポジションへと昇格するチャンスがあります。

Ipsos全体を見渡せば、多人種・多国籍の会社であり、業務では世界の同僚との交流も日常的に行なわれています。グローバルに競争力の高い革新的なリサーチを提供している当社で、一緒に活躍してくれる方を幅広く歓迎します。