お知らせ
定期メンテナンスのため、2020年6月10日(水)午前5時から7時の間、サイトが使用できなくなります。その間、全てのユーザーはログアウトされます。
タンベルグデータ株式会社 - 注目企業記事

データプロテクションソリューションのリーディングカンパニー

タンベルグデータはデータストレージ製品を世界中の企業に提供する、データプロテクション分野のリーディングカンパニーです。グローバルでは50年に渡る実績があり、日本においても市場に導入されて30年以上になります。
この歴史により技術革新の文化を発展させ、バックアップ・アーカイブ用途のストレージ製品をお客様のデータプロテクションニーズにお応えして提供しています。

タンベルグデータは幅広いデータプロテクションソリューションを取り揃えております。

ノルウェーで創立されたタンベルグデータは、1970年代にデータストレージ分野に特化した会社となり、1990年代にはSLR、DLT、LTO等の磁気テープ製品を世界中で販売するに至ります。2005年には、新たにRDX―ディスクベースで取り外し・交換ができるバックアップ装置が発売され、現在も多くの企業に採用されています。世界中で使われているこのRDXの開発、製造は現在全てタンベルグデータが担っています。

現在のプロダクトポートフォリオは、前述のRDXの技術をベースにした製品と、LTOというコンピューター用磁気テープの技術をベースにした製品の2グループに分かれます。SMB向けの製品からエンタープライズ向けの製品まで幅広いラインナップを取り揃えています。

50年間にわたりタンベルグデータは革新的な信頼性の高いデータストレージ製品を世界中の企業に提供しています。

2014年の米国Overland Storage社との合併により、現在ではブランド名をOverland Tandbergに変えて、そして変わらず品質が良く信頼性の高いデータプロテクションソリューション、バックアップソリューションを世界中の企業に提供しています。当社のソリューションが世界中のお客様の事業継続に貢献しているのです。