大栄フーズ株式会社 - 注目企業記事

当社の魅力

当社は現社長が若干28歳で創業し、既に40年以上に渡って経営を続け、今では日本のシーフーズ惣菜業界ではトップ企業と言われております。食は日々の必需品です。故に不景気に強い業種だと言われております。また、当社の本社は横浜市に隣接する相模原市に横浜中華街の名称で開発した中華くらげは、30年以上続く業界ナンバーワンのロングランヒット商品の一つです。その他にも当社が開発したヒット商品は数多くあり、日本のシーフーズ惣菜業界のオリジナル商品の多くは当社が開発したという歴史が今でも残っている、そんな魅力のある会社です。

当社の強み

当社は2011年3月11日の東日本大震災と、津波の影響による福島原子力発電所の放射能の事故により、当時製造拠点となっていた4000坪の東北工場が一夜にして閉鎖に追い込まれました。ですが、即座に横浜に横浜工場を稼働させ、2年半後には成田空港近くの千葉県香取市に新工場である千葉香取工場を竣工しました。今では千葉香取工場では北米HACCP、EU HACCPや、相模原工場ではイスラム教徒の宗教食の製造に必要なハラル認証等全世界への輸出に必要なライセンスを取得し、全イスラム諸国への輸出もできる様になりました。海外に目を向けると、日本食市場は今から伸びていくマーケットです。また、当社はモンドセレクションを10年連続受賞しております。日本のシーフーズ惣菜業界で全ての国際ライセンスを取得しているのは当社だけであり、大震災にも負けず全社員が協力して頑張っています。