株式会社STEER JAPAN - 注目企業記事

樹脂の世界を切り拓く最先端の『同方向回転二軸』プラットフォームテクノロジー

インド・バンガロールに本社を置くSTEER社は、プラスチック、医薬品、食品及び栄養補助食品、生体材料とバイオリファイナリーの分野にて、材料を効果的に変換、機能化することができる最先端の『同方向回転二軸押出機』クリエイターです。

1993年にバブ・パトマナバン博士により、“STEER A NEW WORLD”のビジョンのもと、イノベーションのための33もの特許を保持し、39か国700を超えるお客様にサービスを提供しています。
STEER JAPANはSTEER社の日本法人で、インドの本社工場で製造された機械及び部品を輸入して、日本のお客様に販売を行っています。

少数精鋭の会社ですが、2005年7月設立以来14年の歴史を持っています。

お客様は日本全国、日系企業の海外プラントにも幅を広げています。

職場環境について

オフィスは、神田駅・岩本町駅・秋葉原駅の3駅から近く、駅から徒歩5分圏内にあります。

2016年に上野から移転し、内装もリノベーションされました。

ワークライフバランスにも前向きに取り組み、残業時間の削減・有給取得の促進に努力しています。

休日出勤の際も1か月以内に振替休日の取得も奨励しています。
社員教育も充実しており、外部のセミナー受講などサポート体制も整っています。

また、毎週月曜日に社内で英会話レッスンを開催しています。