Stibo Systems株式会社 - 注目企業記事

Your business first


データ品質の改善や業務効率化、或いは高い精度の意思決定を行うためには、商品、顧客、サプライヤーなど企業におけるデータ資産の所在を確認する事が最初のステップです。しかしながら多くの企業では、事業部または部門単位で個別に管理されていたり、様々なシステムで分散管理・運用されているのが実情です。こうした状況は、コストの増加や作業の重複だけでなく、経営の足枷となり多く企業にとって大きなリスクであるといえます。一貫性と信頼性を持つマスターデータを、企業にとって重要な経営資源として全社横断的に管理し活用する為にはどのような策を講じるべきでしょうか?

StiboSystems MDM – お客様に選ばれる理由

StiboSystemsのマルチドメインMDMプラットフォームは、商品・顧客・サプライヤー・従業員・店舗・デジタルアセット等、様々なマスターデータのシングルプラットフォームで管理する事が出来、データ間の参照関係定義などにより統合的なビューを提供することが可能です。企業はこれにより、新たなビジネスの発見やより深い洞察力を得る事が出来、業務効率の向上やリスクの最小化だけでなく、精度の高いデータ資産を活用して戦略実行力をより一層強化する事が可能になります。また、事業部や部門、組織やシステム・チャネルなどの用途に応じて、様々な形でマスターデータを活用する事が可能になります。

また、StiboSystemsのマルチドメインMDMプラットフォームは、圧倒的な拡張性をもち、ビジネスユーザー自身のがビジネス要件を起点として直接的に使いこなすことができるテクノロジーを提供し、市場環境の変化や法規制、ビジネス戦略やニーズに応じた変更が容易に可能という高度な保守性を備えています。管理の為のマスターデータマネジメントだけではなく、データドリブンな経営へと舵を切り企業に大きな競争力と優位性をもたらすことができるプラットフォームです。

お客様へのコミットメント

当社はビジネスファーストのマインドセットを念頭に、管理から活用へとマスターデータ資産の有用性を高め、それを用いた意思決定の精度と戦略実行力の向上を通じてお客様の成功貢献できることを目指します。すべてはお客様の成功の為、Business First心構えを貫きます。