日本データカード株式会社 - 注目企業記事

日本データカード株式会社

私たちデータカードグループは、カード発行のリーディングカンパニーとして、世界中の金融決済カード、運転免許証、国民ID、パスポートなどのカードプログラムをサポートしてまいりました。

データカードのソリューションは、毎日世界中で1,000万枚以上(内ICカードは500万枚以上)のカードを発行し、カードを活用する様々なシーンにおいて生活をサポートしています。特に、金融決済カードにおいては、世界の90%以上のカードが私たちのソリューションによって皆さまの元に届けられております。やはり日本市場においても、金融決済カードの殆どがデータカードのソリューションにより発行されており、進化し続ける決済機能にも、お客様から信頼される高い技術力・サポート力で日々お応えしています。今後もICを中心にますます多様化するカードの利用環境を支え、暮らしの幅を広げると同時に、より厚みのあるマーケットの創造にも貢献していく所存です。日本法人設立以来、約30年培ってまいりましたカード発行ソリューションのノウハウを生かし、今後も多様なソリューション提案を通じて社会インフラとお客様の業務をサポートしてまいります。

ENTRUST DATACARDについて

1969年に米国ミネアポリスで設立され、クレジットカードの誕生から今日に至るまで、業界のリーディングカンパニーとしてエンボス加工、磁気カード、ICカードといった時代時代において最先端の “Secure ID and Card Personalization Solutions”を提供してきました。

2013年にデジタルセキュリティプロバイダーのトップベンダーであるエントラスト社を買収し、2014年11月、両社を一体とした新たなブランド「Entrust Datacard」が誕生しました。現在、世界中で2,000人を超える社員やグローバルパートナーとの強いネットワークと共に、世界150ヶ国のお客様にサービスを提供しています。

日本データカード株式会社について

日本データカード株式会社は1981年に米国Entrust Datacard(旧:Datacard Corporation)とトッパン・フォームズ株式会社(旧トッパン・ムーア株式会社)の合弁会社として設立されました。

日本におけるカードビジネスの発展とともに成長し、今日では全国5ヶ所の拠点からビューロー、金融、ヘルスケア、流通など様々なニーズを持つお客様にカード発行に係るトータルソリューションの提供を行っています。