TGA Inc. - 注目企業記事
TGA

外資系企業にリロケーションコンサルテイングを提供するパイオニア企業

TGA.inc は、外資系企業のリロケーション・サービスを行う会社として、1985年に設立された。オフィスは外国人コミュニティーが多く存在する六本木にあり、長年 に渡り外資系企業の企業内転勤を支援してきた。リロケーション・サービスとは、海外から赴任して働く上で、仕事に専念出来る生活環境をいち早く作ることを 目的としている。外国人ビジネスマンが日本で働く際に、言葉や文化の違いはもちろん、家族の生活環境などすべての変化がストレスをもたらす。また、煩雑な ビザや不動産関連の事務手続きが必要だ。同社は、こうした問題を解決しながら、異文化順応及びビジネスプログラムを提供している。設立30年を数え、他社にはないリロ ケーション・サービスの経験とノウハウで高いサービスを実現している

リロケーション・コンサルタント他、英語力のある人材を募集

現在も、外資系企業の日本進出は増加傾向にあり、それに対応する人材を同社では求めている。職種は、リロケーション・コンサルタントと、コンサルタントへの 第一歩となるリロケーション・コーディネーターだ。リロケーション・コンサルタントは、人事部の動向を把握しながら、リロケーションを総合的にマネージメ ントする。

リロケーション・コーディネーターは、クライアントである家族と直接コミュニケーションを取りながら、日常の生活をサポートし問題を解決していく。

どちらもビジネスレベルでの英語力が必要なのはもちろ ん、海外での生活環境と日本の文化をともに理解し、それを解決に導けるコミュニケーション能力が必要だ。同社取締役の高田知子氏は語る。「日本で生活する と言うことは、住居だけでなく、教育や医療など様々な問題が起こってきます。すべてに対して深い知識や情報を持つ事は不可能です。ですが。生活に対して広 範囲に興味を持っていて、各分野とスペシャリストと話ができる知識と常識。そうした事が大切になってきます」

専門分野として、イミグレーションコンサルタントの職種もある。赴任者とその家族のヴィザの取得、入国手続を本人と会社にコンサルテイングしながら、申請から取得、滞在中の管理を行う。

全ての職種に共通するのは、英会話・特にヒアリング能力が必要な点。その英語力に加え、自分の経験や知識を積み重ねれば積み重ねるほど、充実した仕事ができるだろう。

担当者から

TGA

求 職者の過去の仕事キャリアにおいて、同様のリロケーションの仕事を経験した人は、決して多くはないだろう。また、長い外国生活の経験と英語力があったとし ても、この仕事をする上でそれ以外に日本の文化や生活情報に関しての幅広い興味と知識が必要になってくる。例えば国内における国別の外国人コミュニティー の存在や、英語に対応できるドクターがどれだけいるかなど、ほとんど情報がない世界だ。しかし、同社で働く事によって、業務の中で様々な情報が自分に蓄積 されていく。そして、どう問題解決にいかすか? いずれにしろ、コミュニケーションの取り方次第で、すべての問題が解決できるだろう。そして、最後には必 ず「アリガトウ」という言葉が返ってくる。そこに同社の仕事の魅力がある。