リッチレリバンス株式会社 - 注目企業記事

ネットショッピングをしていると、商品のレコメンデーション(この商品を買った人はこちらも買っています、イチ押し、あなたにおススメ等)や、お勧めのコンテンツ(バナー、クーポン、動画、広告等)が表示されます。
Amazonは、このようなレコメンデーションのためのエンジンの開発を3回試みましたが、最初の2回は失敗に終わり、3回目にしてようやく大きな成功を収めした。リッチレリバンスは、その3回目の試みの際にレコメンデーション・エンジンのAIおよび機械学習分野の責任者であったデイビッド・セリンジャーによって2006年に設立されました。

現在、リッチレリバンスのAI駆動型オムニチャネル・パーソナライゼーション・プラットフォームは、商品およびコンテンツのレコメンデーション、ブラウジング・エクスペリエンス、そしてECサイト内検索のパーソナライゼーションを提供しています。製品はすべてクラウド・ベースのソリューションです。弊社は高性能なプライベート・クラウドを採用しており、東京、シンガポール、シドニーを含む世界15箇所にフロント・データセンターを構えています。事業展開はリテーラーだけを対象していますが、オンライン事業特化型であるか、実店舗にデジタル・チャネルを持つオムニチャネル・リテーラーであるかは問いません。また弊社製品を実際に使用するのはマーケターやマーチャンダイザーであり、実装後、弊社製品を使用するためのユーザー・インターフェース(ダッシュボード)にはプログラミング等は必要ありません。