バンプーパワージャパン 東京支店 - 注目企業記事

The Asian Face of Energy
over 30 years of consistent growth and development

バンプーはタイ証券取引所に上場している、タイの大手石炭開発・供給・発電事業会社です。

バンプーパブリックカンパニーリミテッド(タイ法人)はタイ証券取引所に上場している、タイの大手石炭開発・供給・発電事業会社です。

タイ国内を始め、インドネシア、中国、オーストラリア、ラオス、日本、米国など、世界各国への投資を通じて石炭鉱業、シェルガスの開発、火力発電、再生可能エネルギー事業を展開しています。特に注力しているのはGreener Smarterな事業への展開であり、最近ではバッテリー、スマートシティ、EV(電気自動車)等に先進的な取り組みをしています。バンプーはこれらの事業を通じて世界へのエネルギーの安定供給に取り組んでいます。

「バンプーパワージャパン 東京支店」の電力事業

そのバンプーグループの中で発電、代替エネルギー事業を展開しているのが、バンプーパワー株式会社(タイ法人、通称BPP)です。BPPは、タイ、ラオス、中国、日本およびベトナムを含むアジア各地で在来型および再生可能エネルギーの事業を営んでいます。

BPPは、2014年に「バンプーパワージャパン東京支店(通称、BPPJP)」を開設し、日本におけるエネルギー事業に本格的に参入しました。さらに2017年には、BPPJPを通じて電力小売やエネルギー商取引といった事業に参入し、より幅広い分野で事業を展開しようとしています。

バンプーパワージャパン東京支店は、これからも日本の人々の豊かな暮らしの発展を目指し、変革期にある日本の電力の在り方を見据えて、企業価値を向上させ、社会への価値提供を目指して参ります。