トライウォールジャパン株式会社 - 注目企業記事

産業用重量梱包世界No.1


ヒストリー

日本でのトライウォール事業は、包装資材の製造及び販売を主な目的として、1974 年に日米合弁会社として設立されました。幾度かの組織変更を経て2009年のトライウォールジャパン㈱設立以降も、一貫して包装資材の製造・販売を行っています。グループでは、中国、東南アジア、米国、欧州諸国に拠点をもち継続して積極的なグローバル展開を実施しています。トライウォールジャパンは、グループ内で日本、韓国、台湾、インドの統括責任会社です。

経営理念

トライウォールグループの経営理念
物やサービスの流れに国境がないように、トライウォールグループが使命とする事業領域には国境はありません。トライウォールグループは創業以来、重量物包装材の代名詞に象徴されるブランド「トライウォール」の名のもと、物流革新の 「Only One」グローバル企業として事業を推進しています。そのトライウォールグループの中核となる経営理念が「Only One」です。トライウォールグループは、「Only One」が価値ある企業として生存するために欠くことのできない要素だと考えています。

「Only One」

トライウォールグループが、いつでも、どこでも、だれにでも、「Only One」の企業価値をもつことをめざします。

「Only One」企業であるためのファンダメンタル

「トライウォールだから」と言われる、信頼と安心を約束する企業であること
「トライウォールだけが」と言われる、独創性を人の英知をもって実現する企業であること
「トライウォールだったら」と言われる、可能性と期待に応える企業であること

国内と海外のネットワーク

 現在、世界各国・各地は頻繁に相互に行き交い、いわばひとつの経済圏を構成しつつあります。そうした世界同時進行のビジネス環境の中で、トライウォールは頼もしい物流パートナーブランドとして世界中で活動しています。トライウォール・パック(Tri-Wall Pak)、ユニパック(Uni-Pak)を中心とする「コスト削減+効率+環境」をあわせもつ梱包資材に加えて、クライアント様の物流課題を解決するために具体的な包装設計・物流設計をトライウォール独自のVA(Value Analyst)でソリューション提案。さらに日本をはじめ、中国、タイ、インドなどのアジア地域、イギリス、オーストリア、ポーランドのヨーロッパ地域、アメリカに拠点を持ち当社独自のネットワークでサポート。トライウォールの名のもと、世界中でグローバルにサポートしています。