一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会 - 注目企業記事

若者の未来を育み50年 THE WORLD IS OUR CLASSROOM. JOIN US.

CIEEは第二次世界大戦終結後、「このような惨事を二度と起こさないためには、若者の国境を越えた交流が大事である」と唱えた4名のアメリカの教育者によって1947年に設立された非営利法人です。本部はメイン州ポートランドに所在しています。CIEE Japanは1965年に設立され、2018年9月に一般社団法人として新たなスタートを切りました。

CIEE Japanの2本の柱 TOEFL®テストと国際教育交流

CIEE Japanは、米国やカナダ等に留学を希望する非英語圏の人々を対象とした、米国の民間教育機関Educational Testing Service(ETS)が主催する英語学力テスト『TOEFL®テスト』を日本で唯一取扱い、TOEFL®テスト日本事務局として公式情報の発信と様々な広報活動を行い、英語運用能力の習得を支援しています。
TOEFL®テストは、英語力の4技能すべてが判定されるグローバルスタンダードテストで、実践的な英語能力を測ることができ、そのスコアは世界中で認識、評価されています。現在、世界130か国で利用されています。
 国際教育交流では、1965年に日本で初めて20代の若者を組織的かつ継続的に派遣して依頼、日本における国際交流の草分けとして様々な国際交流プログラムを運営し、これまでに約7万人が参加しています。現在は、大学生を対象とした国際教育、体験、交流プログラムを中心に、新しい時代のニーズにも応じて海外でのボランティアも提供しています。さらに、日本政府より委託された国際交流に関する調査・研究、教員を対象とした派遣研修、受入プログラムへの協力など、活動は多岐に渡ります。

CIEEが目指すこと

CIEE Japanは、次世代を担う若者に身につけてもらいたいスキル・能力を「あたま」「こころ」「ことば」の3領域に区分し、若者がCIEEの企画を通して世界への扉を開き、あたまで考え、こころを鍛え、言葉を磨きながら行動し成長し続けることを願っています。
これらのスキル・能力は、経済協力開発機構(OECD)が発表した「主要能力」、文部科学省が学習指導要領で掲げている「生きる力」、経済産業省が発表した「社会人基礎力」とも共鳴する力です。
また、当会は職員満足度の向上にも努めています。