オーデマ ピゲ ジャパン株式会社 - 注目企業記事

オーデマ ピゲ

独立の精神とアヴァンギャルドな革新が融合して特別なタイムピースが生まれます。
 

オーデマ ピゲのマニュファクチュールは1875年、ジュウ渓谷の小さな村ル・ブラッシュに、ジュール=ルイ・オーデマとエドワール=オーギュスト・ピゲが共に、今日も残る歴史的な建物にアトリエを開いたことから始まりました。その特別な日から年月が経っても、創業者たちのビジョン、そして時計作りの限界に挑戦し押し広げる姿勢は全く変わっていません。

オーデマ ピゲは常にこの遺産を真摯な姿勢で受け止め続け、今日も、創業者一族が経営に携わる唯一のマニュファクチュールです。独立性を大切にし、伝統を過去のものとせず歴史の新たな章を綴り続けてきました。私たちの最も貴重な遺産は、創業当初から文字通り情熱を持って自らを仕事に捧げてきた人々の手から手へ、世代を超えて受け継がれてきた技術の粋にあるからです。

オーデマ ピゲでは私たちの顧客にAPの特別なタイムピースとともに「忘れられない経験」をご提供したいと努めています。