ハンドジャパン株式会社 - 注目企業記事

お客様から信頼を得ること。
それが私達の目標です。

日本、アジアからグローバルへ

Hand Enterprise Solutions は1996年に中国で最も早く設立されたERPコンサルティング会社の1つであり、 中国株式市場に国内のITコンサルティング会社としては初めて2011年中国株式市場に上場いたしました(SC:300170)。

本社は上海に設置され、現地法人を、US(カリフォルニア)、シンガポール、東京に設立しています。グローバルで6,000人超のERPコンサルタント、業務改善コンサルタントを有しています。

SAP、ORACLEを活用したITコンサルティングサービスを得意としています。SAP社のSAP Platinum Partner であり、“SAP Asia-pacific Top Partner”を2010年に受賞しております。

また、Oracle社のOracle Platinum Partner であり、“The Best Oracle Partner” をOracle Chinaから受賞しております。

電機、自動車、機械、航空、化学、製薬、建設、通信、保険、金融サービス、E-コマースの各業界のお客様にサービス提供をしています。

ハンドジャパン社の事業

ITコンサルティング事業

お客様にとってIT化には多くの局面があります。ハンドジャパン社は、お客様の全てのIT化局面で、サービス能力を最大化していくことを追求しています。現在、ハンドジャパンのサービスはお客様業務のフルプロセスをカバーすることができ、従来からの基幹業務、会計、生産管理、受発注、在庫、人事、顧客管理、資産管理、およびその他の関連ビジネスシステムまでサービス範囲を伸ばしています。またビッグデータをバックグラウンドとした高レベルのデータの分析、及びクラウドコンピューティングサービスにも力を入れています。

また、我々のファシリティを使用した各種システム運用保守のアウトソーシング、開発アウトソーシングなどITサービスの基礎領域への投資も行い、サービス提供能力を拡張し続け、お客様のIT化、IT維持のコストダウンを実現し、品質・納期を厳守することを理念として、日本の中でビジネスを推進していきます。

また、日本以外でのアジア・中国・米国・欧州などの海外でのコンサルティングサービスにも力を入れています。

システム開発事業

ハンドジャパン+HANDグループでの長年の日本お客様向けのオフショア開発は当社のビジネスの原点です。そこで蓄積したノウハウを背景に、システム開発に企画段階から参画し、設計、開発、運用保守までを高品質・低価格にてサービス提供しています。

日本のシステム導入プロジェクトの経験豊富なブリッジSEと豊富なIT知識を有する開発技術者のプロ集団が、設計から参画し、開発、運用保守まで、整合性と一貫性を保つシステム開発で、お客様の満足度の向上に努めます。

アウトソーシングサービス事業

ハンドジャパンはSAP/Oracleを利用するお客様向けだけではなく、お客様が運用中の各種システムにおいても、アウトソーシングセンター(AMOセンター)を使用した安価で高品質なリモート運用保守サービスを提供します。

弊社のAMOセンターを利用される日本国内のお客様においては、自社内に管理者 · 技術者を専属で確保する必要がなく、お客様企業にとってはITインフラ(人件費を含む)のコスト削減を行う事が可能になります。また、弊社センターを使用することで、グローバル24時間運用保守サポートが実現できます。既に日本のお客様向けに、弊社のAMOセンターに専用セキュリティルームを作り運用している事例もございます。

また、お客様の導入に弊社が関与してない場合(他ITサービス会社が主体的に導入した場合)においても、システム稼働後の運用保守フェーズから弊社がナレッジを引き継いで、運用保守サービスを継続的に提供することも可能です。

上記の運用保守引継ぎ(移転)については、計画段階からサポートさせて頂き、実施、その後の継続的なサービス改善を行うことも可能です。

日本語、英語、中国語を使用した運用保守サポートが可能です。またITILのフレームワークに準拠した、標準化されたサービスオペレーションを実現します。