日本エア・リキード株式会社 - 注目企業記事

産業と健康に技術とサービスで貢献するガス事業の世界的リーダー

エア・リキードは、産業ガス・医療ガスのグローバルカンパニーとして世界80カ国以上で事業を展開し、鉄鋼、化学、金属加工、食品、エレクトロニクス、ヘルスケアといった多様な分野のビジネスをサポートしています。日本においては、1907年の創業以来、産業ガスのパイオニアとして産業発展に貢献してきました。2019年3月には最新の設備を備えた研究開発施設「イノベーションキャンパス東京」を開設し、未来に向け変化する社会のニーズに対応する技術、革新的ソリューションの開発・提供を通して、新たな価値創出を追求してまいります。

1902年、フランスで物理学者ジョルジュ・クロードが液体空気の製造に成功してエア・リキードを設立しました。その5年後の1907年に大阪桜島に酸素製造装置を設置し、日本の産業ガスの歴史を開拓しました。以来エア・リキードは酸素やその他の産業ガス、あるいは関連する機器・技術を提供することで日本の産業の隆興を支える存在であるようつとめてきました。現在では、2,000人の社員が、鉄鋼、化学、金属加工、食品、エレクトロニクス、ヘルスケアといった多様な業種にまたがる全国15,000のお客様へのサービス提供に従事しています。

採用情報

日本エア・リキード グループでは、各種製造業や医療機関のお客様のニーズにお応えすべく、ガス製造・充てんなどのオペレーション、アプリケーション技術開発、エンジニア、事業開発、営業、管理部門など幅広い職種で2,000名以上の社員が従事しています。「社員力」を事業発展の柱の一つと位置付け、グローバルネットワークを生かした海外勤務や国際交流の機会をはじめとして職種やキャリアパスに応じた各種教育プログラム、ダイバーシティー・インクルージョンなど人材開発に力を注いでいます。
お客さまから信頼されるパートナーとして、ともに成長できるよう可能性と幅広いチャンスを提供させていただきます。

エア・リキード グローバル拠点

産業と健康に技術とサービスで貢献するガス事業の世界的リーダーとして、エア・リキードは全世界80カ国で約66,000人の従業員を擁し、360万以上のお客様と患者の皆様にサービスを提供しています