ASM Japan株式会社 - 注目企業記事

クライアントコンタクトサービス

電話、メール、チャット、クリック・トゥ・コール、オンラインブティック、SNS
ラグジュアリーに特化
グローバルに展開

ASMとは?

フランソワ‐ザヴィエ・プルス
創業者社長
フランソワ‐ザヴィエ・プルス

ASMはフランス語でApproche Sur Mesureの略。Approche sur Mesureとは、英語でいうOrder madeのこと。つまり、ブランドに、お客様に合わせたカスタムメイドなサービスを実現したい、そんな思いから生まれた会社です。

1998年創業のASMは、当時シャネル副社長であったフランソワ‐ザヴィエ・プルスが、一般のお客様がブランドに直接情報照会をする機会が増えている状況に着目し、「コンタクトセンター」の必要性を感じたところが原点でした。ラグジュアリーブランドは、どこも世界規模で展開していますから、瞬く間に、ミラノ、ブリュッセル、ニューヨーク、香港、上海、東京そしてロンドンと世界の主要都市に支店ができました。

全支店、同じツールを使い、同じメソッドを使います。しかし、ガイドラインは、各ブランドごとに作成し、ローカルに採用されたスタッフが、それぞれの現地 事情に合わせて対応しています。今日、グローバル契約に基づき、ASM複数支店で対応させていただくケースも少なくありません。本社同志、支店同志の連携 のみならず、社内でも密なコミュニケーションを図りながら対応しています。

東京は、2010年年末に設立、活動開始は2011年です。一番若い支店でありながら、世界4番目支店として、飛躍を続けています。ラグジュアリー業界においては、すでに成熟市場である日本は、正確・完璧かつきめこまやかなサービスは常識です。ブランドの立場を守りながら、より柔軟にブランドとお客様に寄り添い、ブランドイメージを高めながら売上向上に貢献する、という私たちの考え方に共感いただけたブランド様に支えられ、今日に至っています。また、少数精鋭のパーソナルアドヴァイザーたちの努力と誠意ある対応が、ブランド・お客様からの信頼構築、短期間の成長につながりました。

クライアントサービスはこれからも進化していきます。ASMは常に、その担い手であり続けたい、と考えています。