ホーガン・ロヴェルズ法律事務所外国法共同事業 - 注目企業記事

ホーガン・ロヴェルズ

東京オフィス

1990年に東京に事務所を開設して以来、日本において25年にわたり、日本企業のクロスボーダー案件を中心に国内外のクライアントに法律サービスを提供しています。

ホーガン・ロヴェルズは、欧州、米国、中東、南米およびアジア太平洋地域の40以上の拠点においてネットワークを構築しており、また、プラクティスを横断した産業チームを編成しています。東京事務所の弁護士・外国法事務弁護士が中心となり、日本において各国の専門家チームを取りまとめ、複数法域におよぶ複雑な案件においても、迅速かつ的確に対応する体制を整えています。

東京事務所は主に、自動車、消費者製品、エネルギーおよび天然資源、金融機関、重工業、インフラ、ライフサイエンスおよびヘルスケア、テクノロジー・メディア・テレコム(TMT)業界を中心に、コーポレート、ファイナンス、知的財産、訴訟、プロジェクト業務を手掛けています。

Hogan Lovells

Tokyo

Hogan Lovells traces its roots in Tokyo back to 1990. As one of the most established practices in Japan, we draw on over two decades of experience in representing both Japanese clients with overseas interests and international companies with commercial interests in Japan. Our multilingual, multicultural team of nine partners and 30 other lawyers provides domestic and international clients with a broad offering of legal services in relation to both outbound and inbound matters.

Our clients entrust us with their most important and complex multi-jurisdictional transactions because they appreciate our wide range of capabilities. They also understand that we leverage the resources of one of the strongest global networks of any international law firm based in Japan.

Independent surveys of Japan-based law firms regularly cite the excellence of our Corporate, Finance, Intellectual Property, Litigation, and Projects practices. In addition, we are one of the few international law firms in Japan with genuine multi-disciplinary industry skills in the financial institutions, infrastructure and energy, life sciences, technology, media, and telecommunications (TMT) sectors.