HubSpot Japan株式会社 - 注目企業記事

さらなる発展をHUBSPOTで

ハブスポットの概要

ハブスポットは、企業のマーケティングとセールスのあり方に変革を起こすことを目標に、2006年に創業されました。最先端の機能と使いやすさを両立させたインバウンドマーケティング&セールス用ソフトウェア「HubSpot」は、90か国、21,500社の顧客企業で愛用されています。

ハブスポットは米国マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置き、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しているグローバル企業です。2016年に開設された東京オフィスに加え、米ニューハンプシャー州のポーツマス、ダブリン、シドニー、シンガポールにオフィスを展開しており、1,100人を超える従業員が働いています(なお、私たちはハブスポットの従業員を「ハブスポッター」と呼んでいます)。

インバウンドマーケティング & セールスソフトウェア

ビジネスの成長に必要なすべての機能がパッケージになっているツール。全世界で95ヶ国、18,000を超える会社が、HubSpotのプラットフォームを使用し、急成長しています。

ハブスポットが日本に進出した理由 <ハブスポット ジャパン>

ハブスポットは、2014年にソフトウェアを日本語化するなど、東京オフィスを開設する何年も前から日本の顧客企業との関係を育んできました。そして今、満を持して開設された東京オフィスでは、日本国内での事業を拡大し、日本語でのセールス、サービス、サポートなどを拡充するため、共に成長できる人材を積極的に募集中です。

ハブスポッターである私たちにとって、ハブスポットは単なる職場ではありません。ハブスポッターのひとりひとりが、ハブスポットの発展とインバウンドマーケティングの普及において、極めて大切な役割を担っています。また、ハブスポットは従業員のキャリア形成とワークライフバランスにコミットした優良企業として、数々の賞を受賞しています。そんなハブスポットで、企業のマーケティング&セールスの変革を目指し、私たちと一緒に働いてみませんか。

私たちと価値観を共有し、共に成長し、ビジネスの成功に貢献していただける方のご応募を心よりお待ちしております。