ニコライバーグマン株式会社 - 注目企業記事

ニコライバーグマンの斬新かつアーティスティックなスタイルは、フラワーデザインの枠を超えファッションやデザイン界との多岐にわたるプロジェクトを実現し、世界有数企業との実績を積み上げてきました。デザインコラボレーション、新商品発表会、イベント演出、コンサルティング等を国際的に展開し、ここ数年でブランド認知度とともに売上げも飛躍的に伸ばしております。現在、日本に14拠点と韓国に1拠点を構え、近い将来にはさらなる海外進出も検討中です。お客様の期待値を常に上回るクオリティとデザインをお届けすること=”サプライズ”提供をミッションとして、これからも世界中の人々に彩りのあるライフスタイルを提案していきます。

Marunouchi Bright Christmas 2017

丸の内エリアはフラワーアーティスト、ニコライバーグマンによる「花」をテーマにしたクリスマスインスタレーションを開催。そのメイン会場となる丸ビル1階マルキューブを飾るのは、ニコライバーグマンデザイン・プロデュース、ベルベッタ・デザインの長谷川喜美氏の空間デザイン・演出によるクリスマスツリー。10mを超える壮大な花のツリーが登場し、夜には音と光の演出でより華やかな表情をみせる。

Nicolai Bergmann HANAMI 2050 -花を愛で、未来を想う- 
Flower Exhibition in Dazaifu Tenmangu

悠久の歴史を持つ福岡・太宰府天満宮を舞台に 1,000年以上もの歴史を持つ、福岡・太宰府天満宮。その伝統的な神社を舞台に、第3回目となる2018年。古来より日本人にとって特別なお祭りである花見の季節に、ニコライ バーグマンが選んだテーマは「未来の花見」。全4会場で、自身最大規模の展覧会を開催。

ニコライバーグマンについて

1976年、デンマーク コペンハーゲン生まれ。2001年に自身のフラワーブランド「ニコライバーグマン フラワーズ & デザイン」を創設。2010年、南青山にカフェやフラワースクールを併設した旗艦店「ニコライバーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップストア」をオープン。現在、フラワーデザインから繋がるライフスタイルの提案を軸に、フラワーショップ&スクール、婚礼・イベント装花、プロダクトデザイン、カフェ、チョコレート、ジュエリービジネス等、世界中で様々なクリエイティブ活動の場を広げています。

今後のビジョンとは?
2017年に「NATUR & Nicolai Bergmann”と言うジュエリーブランドを立ち上げました。昨年始まったばかりですが、デザインを考えるのがすごく楽しくなってきました。フラワーアーティストとしては大規模なインスタレーションを昨年末のクリスマスと年末に丸の内で行いました。店を一店舗開けるくらいのパワーが必要な仕事でしたが、今後は花を楽しめる公園を作りたいと思っています。実はもう数年前に箱根に土地を購入しています。今年はそういった大きなプロジェクトの準備にも力を入れていく予定です。

ニコライにとっての成功とは?
心のこもった仕事を一生懸命に続けて、それが自身の成長に繋がること。満足いくものになるまで、自分の力を信じて、仕事に対するパッションを持ち続けることが大切です。