株式会社 電通パブリックリレーションズ - 注目企業記事

知ってもらうPRから
エンゲージメントを築くPRへ

一方的に情報を広めるだけではビジネス成果が得られない時代になりました。溢れかえる情報の中から、メッセージに気付き、自分たちにも関係があることだと認識し、共感したときに受け手ははじめて行動を起こします。

今後求められるPRとは、意識の変容を経て生み出されるエンゲージメントの構築・強化です。

エンゲージメントとは、お客さま、取引先、投資家、そして従業員などのステークホルダーを含む社会(パブリック)が、企業や組織、ブランドを支持し、ポジティブな行動を起こすことで、企業や組織のサステナブルな成長を支える無形の資産です。

意義のある成果を出すこと。それが今もっとも求められるPRのあり方です。

社長メッセージ

社会との対話力を強化する、新しい情報流通構造に機能するコンテンツの創造

株式会社 電通パブリックリレーションズ
株式会社 電通パブリックリレーションズ
代表取締役社長執行役員 畔柳一典

膨大な量の情報が人々のまわりを駆け巡るようになった今日、届けたいメッセージに気づいてもらい、受け取った情報に人々が共鳴し、意識を変化させ、態度変容までにいたるには、ターゲット層に親和性のある、かつ、新しい情報流通構造に機能するコンテンツの創造が不可欠です。以前から言われてきた「社会との対話力」を強化するという命題に正面から取り組む必要性が増しているといえます。

かつてのBtoC、BtoBといった単純な双方向(Two-way)コミュニケーションでは、情報の受け渡しが完結しない時代となりました。ペイド、アーンド、シェアード、オウンドメディア(PESOメディア)が相互に、複雑に関わり合うようになった新しい情報流通構造に適切に対応して、はじめて生活者のエンゲージメントが築けると思います。

他のブランドと差別化し、リーダーシップを築き、レピュテーションを高めていくためには、どのような能力が必要なのでしょうか?バイラルを引き起こ すための、単なるエンターテイメント・ビデオを作るだけでは、人々の注意を引くことがあっても、ビジネスの持続可能な成長やブランドの価値を高めることは できないでしょう。人々を鼓舞し、力を与えること、すなわちエンパワメントをもたらすコンテンツを創造する能力が今求められています。そのためには、膨大 なデータからオーディエンスの声に耳を傾け、インサイトを引出し、社会課題の解決という目的、ブランドの目的、ビジネスの目的を見極めた、パーパス・ドリ ブンなコンテンツを創造することがキーとなります。

われわれ電通PRは、複雑な情報流通構造やITテクノロジーへの深いインサイトに基づく戦略、クリエイティブなアイデア、パワフルなコンテンツを駆使することによって、クライアントのビジネスの成功にコミットしていきたいと思います。