SDL Japan 株式会社 - 注目企業記事

世界に展開するローカリゼーション業界のリーディングカンパニー

世界規模でローカリゼーションサービスを展開する、SDLの日本法人

イギリスに本社を構え、世界30ヶ国に50以上のオフィスを持つ『SDL』。
世界規模で先進的な情報管理ソリューションを展開するローカリゼーション業界のリーディングカンパニーであり、私たちはその日本法人です。

もともと、SDLはローカリゼーションの会社としてスタートし、今では翻訳支援ツール『TRADOS』をはじめとするソフトウェア・テクノロジーの分野をカバーするだけでなく、日本法人においては、現在、ローカリゼーションプロセスの見直しや再構築に関するコンサルテーションを行なうことで急速に業績を伸ばしています。

当社はイギリスを本拠とする外資系企業として、個人の能力を最大限に引き出す環境づくりに努めています。仕事は成果主義ですから年齢、経験にこだわらず、本人の実績を正当に評価します。

また取引先の業界も様々で、手がける案件も多種多様。多岐にわたる経験を積め、確かな自己成長を実感しながら働けることでしょう。プロジェクトではグローバルなメンバーとやりとりする場面も多く、高いスキルが身に付きキャリアアップが図れます。ローカリゼーションやソフトウェア・テクノロジーといった安定感あるサービスラインをベースに、コンサルティングという新たな領域を開拓していくビジネスは大きなやりがいになります。

トータルなソリューション提供を強みとする当社では現在、グローバルなIT企業から大規模案件が続々と寄せられています。主体となっているのは、ソフトウェアのローカリゼーションです。エマージングカントリーが経済成長を遂げることで、今後ローカリゼーションの市場はますます拡大していきます。そうした状況下で、私たちはより多くの優秀な人材を確保し、育てていく必要があります。そして、目標はSDLというグローバル企業内において、私たち日本法人がフロントランナーとして世界を牽引していくことです。