株式会社TBWA HAKUHODO - 注目企業記事

"It's better to be a pirate than to join the Navy."

TBWA HAKUHODOは、2006年に博報堂、TBWAワールドワイドのジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社です。博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」「パートナー主義」とTBWAがグローバル市場で駆使してきた「DISRUPTION(R)」メソッドを中心とした独自のノウハウを融合。質の高いソリューションを創造し、クライアントのビジネスの成長に貢献します。
アジア最大の広告専門誌「Campaign Asia Pacific」が主宰する「Creative Agency of the Year」を2010年より7年連続受賞。
ADFEST2018では「Agency of the Year」に輝きました。他にも、「Agency Head of the Year」(2011、13、14、15、17、18年受賞)、第98回 ADC賞「Advertising Agency of the Year」など数々の賞を受賞しています。
2019年、世界3大広告賞の一つとされるCannes Lionsにて、日本勢で唯一ゴールドを持ち帰りました。

様々な人々が集まる“街”のようなオフィス

「Disruption」を生み出すためには、人と人との親密なコミュニケーションが重要であると考える弊社は、様々な人々が集まる“街”のようなオフィスを構えています。
オフィスの中心部に置かれた “ディスラプション(創造的破壊)・コート”には大きなカフェカウンターやテーブルがあり、社員のコミュニケーションを促す場となっています。
このオフィスは外部からも高い評価を得、2007年日経ニューオフィス推進賞を受賞。その中でも最も創意と工夫にあふれ、快適かつ機能的なオフィスとして認められ、経済産業大臣賞およびクリエイティブオフィス賞を受賞しました。

このたびTBWA HAKUHODOが同ビルの4階に新たにオープンしたオフィスのテーマは「都市計画」。これまでのオフィスエリアが主に協働・共創する場だったのに対し、新オフィスは主に「個人」にフォーカスするための場として誕生しました。働き方改革が求められる昨今、多くの企業ではリモートワークやサテライトオフィス導入などが中心に進められていますが、TBWA HAKUHODOは、Disruptiveなアイデアを生むために敢えて自社オフィスにこだわり、個人が自由な発想を生み出せるための工夫を凝らしています。

社員のコミュニケーションやリフレッシュを促すラウンジ・カフェなどの共有スペース、新しいアイデアを引き出し膨らませることのできるワークショップスペースやライブラリー、大小さまざまなミーティングルーム、個人集中スペース、対話を促進する1on1ルームなど、多種多様なニーズに合わせた空間が用意されています。

We are The Disruption Company.

私たちは古臭く退屈で平凡な「ザ・広告代理店」
の対極であり続けたいと考えています。

だからこそ。

私たちは広告をつくりながら、
広告の新しいカタチを世界に提案し続けて来ました。
自らサービス・プロダクト・コンテンツを生み出し、
世界から注目を集めてきました。

今まで以上に革新的で、先進的なエージェンシーを
目指すために、私たちは新たな仲間を探しています。

仕事を愛するだけでなく、恋人や家族を愛し、
音楽や映画やスポーツを愛することが奨励されるTHで、
あたらしい働きかたを始めてみませんか。