株式会社ジーベックテクノロジー - 注目企業記事

『イノベーションの源は人』

XEBECは、創業以来、バリ取り・研磨の世界に技術革新を持ち込み、工程変革、意識変革を促進して来た。

最初に開発したのは、セラミック砥石。研削・研磨に最適なセラミック繊維を開発することにより、伝統的な砥石の分野に、化学と素材技術で革新をもたらした。その性能と品質で、世界シェアは80%を超えている。

次に着手したのが、XEBECブラシ。世界で初めてセラミック砥石の線材化に成功した。世界初の素材を安定供給するために、常に前例のない製造技術を追求し続けている。今では、40カ国以上へ輸出をしており、輸出比率は70%。自動車、航空機、医療など、様々な分野のグローバル企業の量産ラインで使われている。

今取り組んでいるのは、バリ問題解決までの時間を限りなくゼロに近づけること。
XEBECカッター&パスがその象徴だ。

約15年の現場での自動化支援ノウハウに材料工学・物理学・プログラミング技術を融合し、全く新しいサービスを開発している。

バリ取りの常識を変え、仕上げ工程の付加価値を高めること。
人が、より創造的な分野で力を発揮できるようにすること。
それが、XEBECが実現したい未来だ。

XEBECのメンバーひとり一人がイノベーションを起こし続ける。

そのために、我々は、革新的な商品・サービスを開発するだけではなく、開発した商品の製造方法、マーケティング手法、販売方法、出荷流通方法など、あらゆるビジネスプロセスにおいて、既成概念に囚われず、最適かつ革新的な方法を開発し続ける。
つまり、XEBECのメンバーひとり一人がイノベーションを起こし続けるのである。

お客様の声を聞き、潜在ニーズを感じ取るのも人。
技術・商品を開発するのも人。
それを製造し、正確に届けるのも人。
商品を最大限活用できるようにするのも人。
見えないところで皆を支えているのも人。

だから、採用にはこだわり抜いている。
誰をバスに乗せるか。社風に合い、潜在能力の高い人だけを採用している。

経験がなくても、自分の可能性を信じ、素直で、成長意欲があり、考えて弛まぬ努力をする人。
大胆な思考と精緻さ、スピードと粘り強さを兼ね備えた人。

一緒にバスに乗っているメンバーも同じ考え方だと、途中でハプニングがあろうと、行き先がどこであろうと、楽しい旅になるだろう。

会社の役割は、メンバーに、挑戦できる環境を提供すること。

メンバーが試行錯誤して成長するために会社はある。
その成長の過程において、家族や仕事仲間、取引先、関わる人々、お客様に価値を提供する。
それが生きている意味であり、会社の存在意義である。

メンバーひとり一人がXEBECを体現し、メンバーの集まりがXEBECである。
人も会社も、努力を怠らず、常に変化し続けなければ、成長も進化も出来ない。
メンバーひとり一人の可能性を信じることが、会社の可能性を、ひいては社会の可能性を広げることに通じる。
不可能を可能にする未来を実現するために、前提を疑い、挑戦し続けたい。