アクサ生命保険株式会社 - 注目企業記事

AXAはフィナンシャル・プロテクション分野で世界をリードする世界最大級の保険・金融グループです。世界60カ国以上で事業を展開し、16万人の従業員が1億人以上のお客さまに日々サービスを提供しています。日本においては、約400万人の個人のお客さまと約1,700社を超える法人のお客さまに、保障商品と貯蓄性商品を提供しています。これらの実績はすべて、世界中のAXAの有能な社員が築き上げたものと自負しています。

人事部門長からのメッセージ - 常務執行役員兼人事部門長山下美砂より


アクサ生命保険株式会社
常務執行役員兼人事部門長
山下美砂

私たちアクサ生命は、保険のビジネスをPeople Business(人を中心に据えたビジネス)ととらえ、社員の成長がビジネスの成長そのものに直結し、社員と会社がWin-Winの関係を築くことを目指しています。こうした相互成長の基盤を築くため、社員は「コミットメント-私たちの誓い」をより理解して、日々の活動に活かしていくことが大切だと考えています。

「コミットメント-私たちの誓い」とは、「お客さま第一」をはじめ、「誠実」、「勇気」、「ひとつのチーム」から成る世界のAXAグループ共通の心構えや行動規範で、これらの要素は、アクサ生命のさまざまなリーダーシップ研修に組み込まれています。また、当社ではセルフラーニングカルチャー(自ら学び、成長することを奨励する企業文化)が推進されており、これを実践できるようさまざまな自己啓発プログラムが用意されています。さらに、キャリア開発においても、各自が主体的に自分自身の5年後、10年後の目標を上司と共有し、自己研さんすることが奨励されています。アクサ生命内、および海外のAXAグループ企業内の空きポジションが開示されていますので、社内公募制度にのっとって、社員自らが希望する職務に挑戦できる機会があり、中には海外のAXAグループ企業でのアサイメントを実現させる社員もいます。

企業文化については、変化に適応可能なマインドセットの醸成、女性活躍推進や障害者活躍推進、働き方改革などの継続的な改善アクションを実行しており、その一例として、個々人の属性ではなく業績に対して評価が行われる評価制度、「Pay for Performance(業績に応じた報酬制度)」が確立しています。また、本社部門では、在宅勤務制度やコアタイムのないスーパーフレックス制度が導入され、多様な働き方を実現する体制が整えられています。よりお客さまに近い営業部門においても、それぞれの職場環境に合ったワークライフバランス施策が推進されています。

このように、アクサ生命では、それぞれの社員がその個性や特性を生かせる環境の中で職務にあたっています。こうして、一人ひとりの社員のやりがいや仕事の成果が、お客さまや社会に長きにわたって信頼される会社の構築につながると信じています。皆さまの新たな挑戦の場として、アクサ生命を選んでいただけることを願っています。