新規登録・ログインをしてスカウトメールや保存した求人を確認しよう
新規登録・ログインをして求人を探そう
株式会社竹中製作所 - 会社概要

株式会社竹中製作所

会社説明

期待に応えられるモノ作りを目指して

竹中製作所は、昭和10年艦船用のボルト・ナット製造を行う会社として誕生しました。
私達は、多様化するお客様からのご要望、そして技術者の情熱により他社の追随を許さない独自技術を確立しています。
原子力発電所や新幹線、高速道路、橋梁、病院など、私達を包むあらゆる社会インフラを支えるタケナカ製品。
未来を描き着実に想像し続けてきたオンリーワン企業としてタケナカはこれからも社会に役立つ知恵を形にしていきます。

【ボルト事業】
創業以来、タケナカの根幹事業として世界をリードしてきたボルト事業、そしてネジ分野からタケナカをさらに進化させ、付加価値の高い製品を生み出している表面処理事業、この二つの事業を行っている部署がボルト事業部です。

<ボルト事業の得意な仕事・強み>

  • 他社では対応できない特殊仕様製品の製造
  • 海外企画への豊富な実績
  • 自社一貫体制への豊富な実績
  • 仕様書・図面・ミルシートなど記録の充実
  • 大手企業からも信頼される技術提案力
  • 自社開発の特殊防錆コーティングの製造

【表面処理事業】
革新的技術でこれまでの概念を塗り替えていく

金属には腐食するという特有の欠点により、多くの問題が発生していました。 
タケナカは、そのお客さまのニーズに応えるべく、京都大学との産学連携により、世界初のフッ素樹脂塗装ボルト「タケコート®-1000」の開発に成功しました。
これ以外にも焼き付き防止効果があるタケコート®-セラミック1、CNTを高濃度均一分散させたナノテクト®などの独自製品を生み出しています。 
現在では、ネジ製品だけでなく、多種多様な金属製品に適用することで幅広い分野で活躍しています。

【電子機器事業】
タケナカの電子機器事業部は、近年注目を浴びているエネルギー分野に於いて、独自のパワーエレクトロニクス技術と映像処理技術を軸に、省力化、省エネ化、軽量化に貢献してきております。
特に、高品質、高信頼性、高性能が要求されるインフラ(道路、鉄道、病院)向けなどに高度な技術力を必要とする製品を提供し続けております。
技術難度が高い研究開発試作品の設計製作評価から、高信頼性を要求される特注品、中小量の量産製品の設計製造品質保証まで受託し、お客様と一体になって完成させていくことを使命と考えております。

<電子機器事業の得意な仕事・強み>

  • 顧客ニーズに密着した受託開発・受託製造
  • お客様のアイデア・イメージの具現化
  • 協業ネットワークを駆使した迅速対応
  • パワエレ機器・インフラ向け装置の製品開発
  • 多品種の試作から中・小量の量産
  • 評価試験による製品品質の担保

会社概要

本社所在地
日本  
事業内容
ボルト・ナット、機械部品全般、高強度防錆皮膜、各種マイコン応用制御機器・FAシステム、パソコンのソフト・機器開発製造  
代表取締役
竹中 佐江子  
設立年
1935年11月1日  
資本金
46,800,000円 
URL
https://www.takenaka-mfg.co.jp/  

オフィス情報

メインオフィス
〒5780984
大阪府 東大阪市 菱江6丁目4番35号

新着の求人