新規登録・ログインをしてスカウトメールや保存した求人を確認しよう
新規登録・ログインをして求人を探そう
アイ・シー・ネット株式会社 - 会社概要

アイ・シー・ネット株式会社

会社説明

開発プロデューサーとして、より多くの夢をかなえます

"世界をよりよくしたい!" アイ・シー・ネットにはそういう気持ちをもった人たちが集い、世界中の社会課題の解決に取り組んできました。でも色んな国で仕事をするにつけ最近あらためて感じるのは、この社会課題ってそもそも何なの?ということです。

例えばカンボジア、いまだに東南アジアでも最も貧しい国の一つというイメージがあるこの国で、私たちは子ども向けの音楽学校を運営しています。多くの教育熱心な親が子どもの情操教育に取り組むなど、十数年前には考えられないような風景が日常になりつつあります。例えば南アジアのバングラデシュでは、一杯300円以上するコーヒーを出すカフェで大学生が談笑しているかと思えば、その前の路上では一杯10円の紅茶で束の間のくつろぎを得ているリキシャの運転手がいます。いまだに貧困というステレオタイプなイメージでくくられるアフリカはどうでしょう?ケニアでは、肥満や生活習慣病に悩む人たちが増え、緑茶への関心が高まるなど、健康ブームが起きています。
翻って日本を見ると、地方の疲弊は深刻で、人材、財源の不足、産業の荒廃といった問題は、私たちが途上国で見てきた風景と何ら変わりがありません。かと思えば、日本の地方にはとても元気で素晴らしい技術を持った会社がいて、海外市場に進出したいという声も沢山あります。
最近よく耳にするSDGs、国連が定めた全世界共通の“持続可能な開発目標”の17のゴールには、“貧困をなくそう”といった根源的なテーマもあれば、“働きがいも経済成長も”といった、私たち日本人にとって身近なテーマもあります。このSDGsが示すように、今の世界はとても多様で、抱える課題もさまざまです。また“誰が”課題解決の担い手になるのか?も大きく変わり、民間企業が単なる社会貢献だけではなく、自社事業の成長のためにも、社会課題の解決に真剣に取り組む例も珍しくありません。持続可能な世界の実現に向けた取り組みが必要なのは開発途上国だけではありませんし、政府機関だけではなく、民間企業や市民社会も担い手となることが求められているのです。

これまで私たちは主に政府開発援助(ODA)を通じて、開発途上国を良くするための支援者、助言者として活動してきました。最近は、日本の地方自治体の地方創生、民間企業の海外進出や社会起業家の支援、日本の高校生向けの研修など様々なことに取り組んでいます。世界が変わる中では、今までの政府開発援助だけで出来ることには限界があります。今後は、より良い世界を作るという原点の思いを変わらず持ち続けるために、私たち自身も変わらなければなりません。これまで培ってきた現場経験を活かして自ら社会を良くするための活動に取り組み、そこに民間企業や市民社会など、様々な力を結集していくことで、大きな流れを作り出していきます。

Uniting the world for a better tomorrow.

会社概要

本社所在地
日本  
事業内容
ODAコンサルティング事業、海外展開支援事業、人材育成事業、スタートアップ支援事業  
代表取締役
百田 顕児  
設立年
1993年10月1日  
資本金
2億7,000万円 
従業員数
101 - 500人  
URL
http://www.icnet.co.jp/  

新着の求人