英文カバーレターの基本

英文履歴書には必ず英文カバーレターを添付します。英文カバーレターは英文履歴書と同様に、あなた自身を売り込む重要なツールです。人事採用担当者は履歴書よりもまず、カバーレターに目を通します。これによって履歴書を読むに値するかどうかを判断し、さらに面接をするか否かを決定するのです。つまり、カバーレターは選考ステップを進むための重要な自己プロモーションツールなのです。

ここでは英文カバーレターの書き方について、簡単に説明します。

英文カバーレター作成のポイント - 基本項目

英文カバーレターを作成する上で、記載するべき基本中の基本項目です。

  • 履歴書を送付する目的
  • スキル、能力や資格

これらの項目を含め、英文カバーレターは:

  • 企業側が採用する利点
  • 応募しようとするポジションに、能力やスキルがどう活かせるか
 

など、採用担当者に自分自身を売り込む内容にしなくてはなりません。単なる表面的な概要、 詳細な経歴、自己称賛の連続といった内容のカバーレターを見ても、採用担当者は「履歴書まで見てみよう」という気持ちを起さないでしょう。
「英文カバーレターのフォーマット」を見る

フォローアップ

コピーを保管

英文履歴書に英文カバーレターを添えて送った後、2~3週間経っても企業から返事が来ない場合は、Eメールや電話によりフォローアップをすると良いでしょう。多くの場合、企業側は貴方の英文履歴書を受け取った旨を連絡してきますが、単に忙しいために返事をする時間がなかったという可能性もあります。連絡を待つばかりでなく、フォローアップをすることも大切です。
(このときに備え、英文履歴書と英文カバーレターのコピーは手元に保管しておきましょう)


新規登録

キャリアクロスの転職ツールで希望のキャリアを手にしよう!!