第20回"Call It A Day"の意味

「切り上げる」

 "Call it a Day"はもともと、"Call it a half day"として、仕事がまだ完全に終わっていなくても、就業時間が終わるまでに帰る、という意味で使われていました。現在では「切り上げる」など、何かを打ち切るときなどに用いられます。

▽Example
Warwick: Hey Steven, how's it going?   
(やあスティーブン、調子はどう?)

Steven: Not bad, but today is going really slow and I feel like I've been here for 2 days! 
(悪くないけど、今日はすごくゆっくりした感じだから、ここに2日もいる気分だよ!)
 
Warwick: Yeah, I know what you mean.  We've been doing the same thing over and over for days, so makes it feel like time is going by slowly.      
(うんわかるよ。もう何日もずっと同じことをやっているから、時間の流れが遅く感じるんだよね。)

Steven:  That's for sure. I think I'll finish up this last task and call it a day after that.  How about you?       
(間違えないね。この最後のタスクを終わらせてから、今日はもう切り上げるよ。君は?)

Warwick:  Same here.  Hey, you want to stop at the pub for one beer on the way home? 
(僕もだ。帰りにパブに寄って一杯ビールでもどう?)

Steven:  You read my mind.  Let's hurry up and finish work!   
(僕の考えを読んだね。急いで仕事を終わらせよう!)

ミーティングが長引いたときなど、集中力が続かないときは、
この"call it a day"といって一旦リフレッシュすることも必要ですね。

 


新規登録

キャリアクロスの転職ツールで希望のキャリアを手にしよう!!