第19回"Shoot Down"の意味

「否認する」

"shoot down"は直訳すると、「撃ち落とす」ですが、
敵を負かす意味から派生して、何かを「否認する、拒否する」という意味で使われています。

▽Example

Sonoko: Hey Martin, I saw your latest expense report and I think we have a problem.   
(ねえマーティン、あなたの最新の経費報告書をみたんだけど、まずいと思うの。)

Martin: Really? I didn't think there were any unusual purchases last month.  
(本当?先月は目立って何か購入していなかったと思うけど。)

Sonoko: Well, it looks like your dinner and drinks receipt from the karaoke box was shot down by upper management.   
(上層部から、カラオケの飲食費の領収書が否認されたみたい。)

Martin:  What!!  I was with a major client that evening, and they actually signed a large contract with us last week.  What can I do to push this through? 
(えっ!!その夜は大手クライアントと一緒で、先週大口の契約をしてくれたんだ。これを押し通すにはどうすればいいんだろう?)

Sonoko:  Ok, understood.  Don't throw in the towel yet, and try to re-submit it with an explanation.  If you get rejected again, we'll schedule a meeting with the Finance Director.  
(わかったわ。まだあきらめないで、説明と一緒に再度提出してみて。それでまた否認されたら、財務部長とミーティングしましょう。)

Martin:  Thanks Sonoko, that's good advice!     
(ありがとうソノ子。良いアドバイスだね!)

問題ないと思っていたことが、反対されたら"shoot down"を使ってみてください。

 


新規登録

キャリアクロスの転職ツールで希望のキャリアを手にしよう!!